安全保障

2007年10月30日 (火)

対テロとの戦い:「新しい戦争」の時代

■グローバルな戦いから、日本は、一歩後退するのだろうか・・・。

<海自補給艦>「最後」の洋上給油

10月30日1時3分配信 毎日新聞

【アラビア海北部・高橋宗男】海上自衛隊の補給艦「ときわ」は29日午後(日本時間同日夜)、中東のアラビア海北部で、米国が主導する「対テロ戦争」の有志連合国の艦艇に対し、最後となる見通しの洋上給油を実施した。海上自衛隊は01年12月からインド洋で補給活動を続け、今回を含めこれまでに11カ国の艦船に794回、計約49万キロリットルの給油を実施。テロ対策特別措置法が11月1日に期限切れを迎えるため、新法の成立まで中断されることが確実な情勢となっている。中略・・・給油活動を指揮した尾島義貴・第6護衛隊司令は「各国元首からの評価もあり、我々の活動が間違っていなかったと感じている」と自負を示した。さらに「この海域は日本のエネルギー確保にかかわる重要なルート。ここに日本の自衛艦が存在することは重要だと思う」と強調した。以下、略・・・、引用終わり

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071030-00000001-mai-pol

続きを読む "対テロとの戦い:「新しい戦争」の時代"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年10月22日 (月)

アメリカ軍の新海洋戦略

■地球上のほぼ7割は、海(洋)である。制海権をいかに握るかは、今も重要であろう。

米軍 新海洋戦略を発表

【ワシントン=有元隆志】米軍は17日、新海洋戦略を発表した。軍事的に重要な地点で活動する前方展開戦略、抑止力の維持や、同盟国などとの協力強化に加え、災害時の人道支援など「ソフトパワー」の重視も打ち出した。

 新戦略は海軍、海兵隊、沿岸警備隊が合同でまとめた。3つの組織が共通戦略を打ち出すのは初めてという。2001年の米中枢同時テロ後の、相互の連携を重視したものといえる。

 冷戦時の米軍戦略は旧ソ連対策に重点が置かれた。旧ソ連崩壊後、米軍は世界で唯一の超大国となったものの、新戦略ではテロとの戦いなどに対処するうえで、「世界の海全体の安全を1カ国だけで確保できる国はない」と指摘した。

 米軍は必要なときには対処する能力は持っているとしながらも、「(各国との)信頼や協力は急にできるものではない」として、同盟国などとの信頼関係の構築の重要性を強調した。

 貿易の要衝でありながら、不安定な地域でもあるアラビア湾、インド洋などでの航行の自由確保も重視した。

 さらに、テロ対策に加え、災害時などの人道支援、大量破壊兵器の拡散防止に早期対処する必要性も訴えた。以下、略・・・ 引用:終わり

引用元:http://sankei.jp.msn.com/world/america/071018/amr0710180036000-n1.htm

続きを読む "アメリカ軍の新海洋戦略"

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2007年6月16日 (土)

核兵器の有効性

■家族(祖母)の不幸から、なかなか更新できずにいた。時事ネタを殆どおいかけることが出来ていない。。。申し訳ない。

■今回も手抜きである。核兵器・武装については、何度かエントリしてきたが、アメリカのIRs学者の見解(肯定論)を紹介したあと、私見を述べたい。

又、最近、日本の核武装に関する書物もいくつか出ている。管理人は、それはそれで良いことだと思うが、少し、乱暴なものもある。(あくまでも管理人の主観であるが)

ただ、いろいろな議論に触れて、肯定/否定の2元論に帰結する前に、様々な可能性を考えておくことは、重要である。

続きを読む "核兵器の有効性"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

国際テロリズムと日本

■この時期の風邪は、やっかいである。ようやく、全快に近づきつつあるが、皆様も御気をつけ下さい。

■現在でも、アメリカは、イラクで、混迷を抱えている。9.11テロのあと、アメリカのグランド・ストレテジーは、大きく変更した。ホーム・ラウンドセキュリティをより強化し、対テロ戦争という、21世紀型のいわゆる「新しい戦争」の時代に入った。

国際テロリズムと国際社会、日本の貢献(役割)について、大まかに考える。まず、(国際)テロリズムとは、何か(定義の問題)を述べ、その後、国際社会と日本の役割(対策)について述べる。(テロリズムの歴史には、触れない)

続きを読む "国際テロリズムと日本"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年5月21日 (月)

英米の特別な関係

■まず、更新がかなり空いてしまった。管理人、風邪で(この時期の風邪は、やっかいである。)ブログを書く気力もなく、この週末は、寝込んでました。。。申し訳ない。大分、良くなったとは、思うが・・・。

■フランスでは、サルコジ新大統領が誕生し、イギリスでも、ブレア前首相が勇退、ブラウン氏が、次期首相になるよう見込みである。

そこで、英米の特別な関係を、主に、その軍事的な側面に焦点をあてて、少し考えてみたい。

続きを読む "英米の特別な関係"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年3月27日 (火)

同盟(alliance)について

■最近は、ベートーヴェンを聴く気力の無いほど、疲弊しております。やじゅんさんではないですが、健康には、気を配らないといけない歳になったものです。管理人の場合、花粉症で、病院に毎年、行ってますが・・・。あとお酒とコーヒーが飲めません。正確には、飲めるのですが、飲みたくないのですねw

平成の清沢洌たる雪斎さんが、「親米ポチ」と評価されるなら、管理人などは、「親米マウス」だろうか。マウスに失礼だぞと突っ込まれそうなので、先に、謝ります。ごめんなさい、マウスさんw(雪斎さんも、仰られている通り、他人のこのような評価をいちいち気にしていたら、やっていけないが・・・)

■今後、日米同盟について、論じていきたいと考えているので、その前段階として、まず、同盟とはなにかということについて、そんなこともう知っているよ思うだろうが、多少、教科書的にエントリしておく。

続きを読む "同盟(alliance)について"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

アメリカ:「アフリカ軍」の新設

■国務省内の再編に次いで、国防総省(ペンタゴン)でも、再編である。

ブッシュ大統領:アフリカ軍の設置発表 6番目の統合軍

 【ワシントン及川正也】ブッシュ米大統領は6日、新たな地域統合軍としてエジプトを除くアフリカ大陸を管轄する「アフリカ軍」を設置すると発表した。6番目の地域統合軍で08年9月までに運用を開始する。国際テロ組織アルカイダが拠点化を狙ったソマリアや、ダルフール紛争など不安定なアフリカ情勢に対応する狙いがある。

 大統領は声明で「アフリカとの安全保障協力を強化するものだ」と指摘、アフリカを重視するブッシュ政権の姿勢を強調した。国防総省によると、任務は主に人道支援、災害救援、危機対応などで、司令部もアフリカに置く方針。

 米軍は現在、全世界を地域ごとに5ブロックに分割し、▽北方軍(北米)▽南方軍(中南米)▽太平洋軍(アジア、太平洋、インド洋、アフリカの一部)▽欧州軍(欧州、ロシア、アフリカの大半)▽中東軍(中東、中央アジア、アフリカの一部)--の5地域統合軍を持つ。統合軍の再編は、同時多発テロを受けて北方軍が新設された02年以来の大規模再編となる。

 アフリカ軍は、これまで中東軍、欧州軍、太平洋軍が担当していたアフリカ地域を一手に引き受けるが、エジプトは中東軍が引き続きカバーし、周辺の島も担当外となる。海外に司令部を置く統合軍は欧州軍(ドイツ)に次いで2番目。

毎日新聞 2007年2月7日 11時23分 (最終更新時間 2月7日 12時19分)

続きを読む "アメリカ:「アフリカ軍」の新設"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年1月21日 (日)

核危機への対応

■非常におもしろく、アクチュアルな文献なので、もし、興味のある方は、Amazon.comのUsedか、大学生・院生ならば、図書館で読んでもらえたらと思う。

「Hawks, Doves, and Owls: An Agenda for Avoiding Nuclear War」

Graham T. Allison, Albert Carnesale, Joseph S. Nye (Editor)

W W Norton & Co Inc (April 1986)

世界が核戦争へ最も接近した時、ジョン・F・ケネディ政権時(1962年)のキューバ・ミサイル危機への対応を理論的に分析した本である。

良書である。アメリカでは、新書ぐらいの値段で、古本だが、購入できるが・・・。

続きを読む "核危機への対応"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

在日米軍再編問題

■防衛庁から省に昇格して、10日ばかりが経った。防衛省にとって、最初の大きな課題は、在日米軍再編問題であろう。もちろん、これは、安倍政権にとって、重要な課題である。

昨年の沖縄県知事選で勝利した、自民党公認の仲井真氏との協議も行われている。

沖縄知事 「政府案基本に実現へ努力」 普天間協議会
2007年01月19日13時02分(朝日新聞)

 在日米軍再編に伴う普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設をめぐる政府と地元自治体による協議会の第3回会合が19日午前、首相官邸で開かれた。政府側が昨年5月に日米合意した「V字形滑走路案」がまとまった経緯を説明し、着工手順などを示したのに対し、沖縄県の仲井真弘多知事は「(政府と県が昨年5月にかわした『政府案を基本』とする)基本確認書をもとに、可能な限り早期に実現すべく今後とも努力する」と、前向きに協議を進めていく考えを強調した。

 終了後の記者会見で、仲井真氏は「あのあたり(政府案)を中心にまとまるなら、まとめるようにしないといけない」と述べ、政府案に一定の理解を示した。ただ、「環境などがあるので、少し今の現行案でない形が最低必要になってくると思う」として、微修正が必要との認識も示した。以下略・・・

続きを読む "在日米軍再編問題"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

安全保障というターム

おかげ様で、風邪は、ほぼ治りました。又、明日からリハビリですw

明日、2007年1月9日をもって、防衛庁は、防衛省に昇格する。

管理人にとっては、やっとかという気持ちである。

こちらが、新しいHPである。防衛省HP

防衛省に関しては、又、エントリするとして、今回は、昨今、我々一般人まで、よく使うようになった安全保障(security)というターム(概念)を少し考えてみたい。

続きを読む "安全保障というターム"

| | コメント (2) | トラックバック (0)