評論・感想

2007年10月11日 (木)

小沢一郎論文に対する所見

■11月号、論壇誌『世界』に寄稿された、小沢一郎氏の論文の所感・所見を述べる。

民主党の小沢代表が月刊誌に寄稿 国連決議に基づき、活動参加に前向き 2007年10月08日 23:04 発信地:東京

【10月8日 AFP】インド洋での海上自衛隊の給油活動継続に反対する民主党の小沢一郎(Ichiro Ozawa)代表は、9日発売の月刊誌「世界」に寄稿した論文で、アフガニスタンで活動する国際治安支援部隊(ISAF)など国連決議に基づく活動への自衛隊派遣に前向きな姿勢を示した。

 同論文は、小沢氏自身が海上自衛隊の給油活動継続に反対する理由を説明したもの。この問題をめぐっては与野党で攻防が続いている。

 小沢氏は論文の中で、「国連の活動に積極的に参加することは、たとえ結果的に武力の行使を含むものでもむしろ憲法の理念に合致する」と述べている。産経新聞の引用によると、アフガニスタンで北大西洋条約機構(NATO)が主導するISAFや、スーダンでの国連平和維持活動(PKO)へは「政権を取れば、参加を実現したい」と明言している。以下、略・・・ 引用終わり

引用元:http://www.afpbb.com/article/politics/2295126/2223367

続きを読む "小沢一郎論文に対する所見"

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2007年10月 2日 (火)

ブロガーは何が出来るのか?

■皆様も、ミャンマーが、報道規制に踏み切ったことは、ご存じだと思う。今回は、そのことに関連する形で、管理人がいつも拝読させて頂いているブログでのやりとりを読ませて頂き、いろいろ、そのことに対する見解も含めて、自分のブログ、及び、ブログへのスタンスについて考えさせられることがあった。

もう、皆様、お読みかもしれないが、まず、次のエントリを参照頂きたい。

・finalvent様(この事態はちょっと微妙

・エレニ様 (ブログの使いよう

・BigBang様 (ミャンマーのこと―相対主義の地獄を超える

続きを読む "ブロガーは何が出来るのか?"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月12日 (木)

麻生外務大臣の新書

■麻生外務大臣の新書『とてつもない日本』が発売されて、およそ、一か月が経過した。この紹介・書評をいつエントリしようか迷っていたが、時間も経過したことであるし、簡単に感想を述べる。尚、管理人がいつもお世話になっている、Baatarism殿も、エントリされているので、拝見して頂きたい。

「日本人のエネルギーは、とてつもないものだ。日本は、これから必ずよくなる。日本は、とてつもない国なのだ」 祖父 吉田茂から (新書の帯より)

続きを読む "麻生外務大臣の新書"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

想像の共同体?右と左の奇妙な一致

■まず、お知らせです。エントリーとは、関係のない、特に、スパム、宣伝系のTB、コメントに関しては、管理人の判断で、削除させて頂きます。どうぞ、ご理解の上、今後も拙ブログをよろしくお願いいたします。

■ここに来て、再び、よく目にするようになった、ベネディクト・アンダーソン氏だが、彼の代表作、『想像の共同体』を下敷きにして、最近の右派・左派の言論、日本の右傾化について、漠然と考えていることを述べたい。

続きを読む "想像の共同体?右と左の奇妙な一致"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

Japan Is Back

■まずは、御悔みである。ロシア前大統領エリツィンの死去である。その業績には、賛否両論あるだろうが、大きな変革期に、大きな仕事をした人物である。心からご冥福をお祈りする。

■アメリカの世界的に著名なジャーナリスト、ディヴィッド・ハルバースタム氏が事故死である。大変、残念である。『べスト&ブライテスト』などで、日本でも有名であり、管理人も大好きであった。心からのご冥福をお祈りする。

■今回は、おそらく、『論座』4月号に掲載されたと思うが、マイケル・グリーン氏のパイル氏の著作に関する書評的な見解を抜粋・翻訳・紹介したい。

続きを読む "Japan Is Back"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

THE CHINA FANTASY

■更新が少なく、停滞してしまっていて、読み手の皆様、すいません。

今週を振り返って、大きなNEWSは、やはり、温家宝首相の訪日であった。

ただ、正直、マスメディアや、評論家、いくつものブログで、すでに大きく扱われており、管理人の出る幕は、殆どない。以前のエントリ(日中の新時代?)でも、今回の訪日の目的は、すでにエントリした。そちらを参照して頂きたい。付け加えるとしたならば、予想以上に中国のみならず、日本側も友好ムードで、迎えた感がある。又、いくつかの合意もなされた。もうリンク切れしてしまっているが、さすがに中国メデイアも大きく友好的に扱っていた。(予想通りではあるが人民網日文版

安倍総理もそろそろ「主張する外交」の中身を具体的に説明しなければいけないだろう。

今回は、最近、管理人の読んだ本を紹介する。(といってもサッと目を通しただけだが)

続きを読む "THE CHINA FANTASY"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

メディア論について

正直、忙しい。この週末もぐったりだったが、数冊か、メディア(媒介)論に関する積本を処理する。キットラーとか、ボルツとか、佐藤卓巳氏などである。

学生時代は、一時、宮台氏にはまって、ルーマン・システム論なんかを乱読したが、今は距離を置いている。(理由はパースペクティブを広げるためである)

そこで、今回は、軽く、こうしてブログしている自分を観察してみる。(サード・オーダー)

まあ、要するに本を読んだ感想を少し述べます。前置きが長くなってすいません。

続きを読む "メディア論について"

| | コメント (0) | トラックバック (0)