« 読書の秋:古書・古本屋の楽しみ | トップページ | アフガニスタンの現状に関するメモ »

2007年10月16日 (火)

国政へ&ブログの向こう側

■拙ブログでもリンクさせて頂いている、『王侯将相いずくんぞ種あらんや』のrintaro-oさんこと、緒方林太郎さんが、この度、民主党の次期選挙の公認候補になられました。おめでとうございます。拙ブログでも、コメントを頂いたりで、お世話になっていることもあり、紹介させて頂きます。

民主党のHPより:http://www.dpj.or.jp/member/?detail_2346=1

緒方 林太郎

おがた りんたろう

公認内定候補 / 衆議院 / 新人 / 福岡県9区 次期公認候補

[ 生年月日 ] 1973年 1月 8日
[ 出身 ] 福岡県北九州市
[ 学歴 ] 東京大学法学部中退
[ 肩書・役職・経歴等 ] 元外務省課長補佐
[ ホームページ ] http://ameblo.jp/rintaro-o

次の選挙が恐らく、年始か、3月、4月ではないかと言われるなか、あまり準備の時間はありませんが、頑張ってください。国政で活躍されることを、期待しております。

実は、管理人も京都にいる時に、某選挙事務所で、アルバイトをしたことがあります。選挙というのは、大変、厳しいもので、管理人には、とても無理だと思いましたが・・・。

rintaro-oさんには、ぜひ、外交・安保もさることながら、食糧自給率の低い日本で、地方の活性化と共に、農政に期待しております。御存じの通り、農業分野での貿易自由化、又、WTOでも、国家の農業援助金というのは、減らしていく世界的潮流にある。その中で、グローバル化とともに、国内、海外の競争に負けない、足腰の強い農政に戦略的ビジョンをもって取り組んでほしい。

あと、選挙用写真や、ポスターは、重要ですよ。やさしい、温かみのある、感じがいいですよ。政治がよくわからない主婦層には、受けますから(笑)(管理人の母親だけかな、そんな理由で、選んでるの・・・)

■あと、もうひとつお知らせですが、リンク欄を見て頂ければわかると思いますが、はてなブック―クの項目を作ってあります。ためしに、自分のエントリでやってみました。(笑)

この、「forrestal-h」は、管理人です。どの程度つかうかわかりませんし、また、しばらくして消えてなくなるかもしれませんが、あまり、気にしないでください。

■また、最近、以前にリンクと引用の断りを入れたコメントに、finalvent様がコメントを返してくださったのに気づき、その意味とブログ内容・運営方針を漠然と考えている。

やり取りは以下である。

forrestal-h 『どうも、はじめまして。ブログでは、いつも、参考、勉強させて頂いております。先日の記事の「この事態はちょっと微妙」を、リンクさせて頂き、少し引用させていただきました。また、いつも、TB承認などありがとうございます。ブログをはじめてほぼ、一年、少しづつ、なんとなく、ブログってという感覚がついてきたように思います。でもまた、変化も早いのですが。。。ブロガーとは、なんなんでしょうか。
国際関係は、大きな過度期、移転期なんでしょうね、そういうときは、不安定で、混乱が生じやすいですね。ただ、その先、どういう世界になるのか、どう変わるのか、私には、まだ見えませんが・・・。
駄文、長文、失礼、致しました。今後ともよろしくお願いします。』

finalvent 『forrestal-hさん、ども。たぶん、forrestal-hさんはブログの新しい意味の感覚を持たれていると思います。そこをオープンに定義していくことが大切かと思います。オープンにというのは、まだ未知のなにかとして追求していくと。もっとも、若いかたは、卑近なメディアであるブログとは距離を置いて、専門へシフトされる足がかりにされてもよいかと思います。』

大変、含蓄ある言葉なのだが、恐らく、マス・メディアの代替と日記的いう意味でのブログは、その役割を少なくしていくだろう。そういう意味では、目的としてのブログは、今後、その目的にもよるが、かなり淘汰されていくだろう。ブログをある手段にして、その上により大きな可能性を生み出す(つまり、ブログは、メタ化される)、共有空間を構築しようかとも思う。例えば、ネット空間のみに存在する、世界中の専門層を集めた、細分的かつ横断的なサイバー・シンクタンクでも作ってやろうかと、つまり、研究者がブログをするのでなく、ブロガーが、研究者になる発想の転換である。もう少し、「未知のなにかの追及」を考えたい。

とまあ、こういうくだらないことを考えてます。すいません。

|

« 読書の秋:古書・古本屋の楽しみ | トップページ | アフガニスタンの現状に関するメモ »

「コラム・日記」カテゴリの記事

コメント

 りんさんもいよいよ国政へステップアップですか。ひとりの「政治家」=「男」の成長を見守るって楽しいものですよね。

 選挙事務所のバイトなら私も思い出します。負けちゃったときの喪失感というか、いつの間にか感情移入していて、こちらも涙ぐんじゃった。

 ブログかぁ・・
 私はそろそろ・・やめちゃおうかなぁなんて考えています。
 ネット右翼時代(笑)は極端な主張を書くのが楽しかった(笑)
 ところが、僅か1年、2年前に信じていたことが、無常にも変化していて、ハズレタ予測も多々あり、無難な話しか書けないのですよね。つまり私も専門分野へ足をつっこみつつあるわけです。
 
 forrestalさんはまだ若いし、外国語に堪能ですから、アメリカだけでなく、アジアにおいても活躍の場はあると思いますよ。
 サイバーシンクタンクなんてオモシロイと思いますし、サイバーから現実への道もあるので、りんさんのような若き政治家の影の軍師としての道があるかもしれませんよ。
 そのとき大切なのは、相反するかもしれませんが、一定の思想集団に浸かっちゃうと選択肢が減ってしまうということでしょうね。(その代わり、ブログ訪問者は減るようですが)
 長々とすいませんでした。

PS 老後は京都に住みたいんですよ・・ただし、夏以外

投稿: SAKAKI | 2007年10月16日 (火) 10時25分

ありがとうございました。前途多難ですが「天よ我に百難を与えよ」、そんな気分です。

投稿: rintaro-o | 2007年10月16日 (火) 15時34分

>SAKAKIさん

いつもコメントありがとうございます。
そうですね、選挙というのは、なんだかんだ言っても、勝たなければいけません。そういう意味では、大変ですね。

日本の国内世論は、比較的、右に左に大きく揺れますから、今は、比較的、安定期で、センターにあるぐらいではないでしょうか。

ブログですねえ・・・。このインターネットというのは、まだまだ、未知数の可能性があります。私は、ネット空間が、ヴァーチャルだとは思いません。「現実」と「現実性」の差ですね。つまり、「リアル」と「リアリティ」の差です。この程度の問題です。宇多田ヒカルさんの「Automatic」の歌詞ではありませんが、この差異の認識は、重要です。

まあ、私のブログもいつまで続くかわかりませんが(笑)
コメントありがとうございました。


>rintaro-oさん

ご多忙の中、コメントありがとうございます。選挙活動の体制もままならないと思いますが、「人事を尽くして天命を待つ」の気分で。

これから、寒くなりますが、お体には、お気をつけください。

コメントありがとうございました。

投稿: forrestal | 2007年10月16日 (火) 21時16分

こちらで紹介されている緒方氏はこんな事を書いちゃってますけど注意してあげた方がいいのでは?

>1991年大学入学ですので、大学生時代に流行った曲ばかりです。大学時代は(そして今も)モテない男の典型でしたので、こういう曲にあまり深い思い入れがないのがちょっと残念です。大学1年のクリスマスの日、大学の目の前にある駅の階段で泥酔して通り行くカップルにくだを巻いていたくらいダメ男でした。

今34歳だと、91年当時は18歳の未成年で飲酒してたという計算になりますよ。1円の領収書云々で騒いでいる民主党から選挙に出るのなら、明らかな法律違反である未成年の飲酒の件は早いところ隠蔽した方がいいですよ。

投稿: 宙 | 2007年10月26日 (金) 22時43分

宙さま

はじめまして、コメントありがとうございます。rintaro-oさんのブログを確認しました。

もうすでに、tamade様が注意されてますね。

確かに、仰る通りで、今、政治には、透明化、政治家には、クリーンさが求められていますね。

又、有名・無名(社会的な広範な認知)を問わず、個人のプライベートに関わることや、持ち上げたり、持ち下げたりは、すべきではない。というのが、私のブログのスタンスです。完全に出来てるかは、わかりませんが。私にも、好き・嫌いがありますから。ただ、個人を名指して、誹謗・中傷などは、絶対にしないよう心がけています。

私は民主党員でも、自民党員でもありません。又、支持が一貫しているわけでもありません。あくまでも、政策中心に、判断します。(選挙では投票します)

私が緒方さんをご紹介したのは、あくまでも、ブログで、交流があったからです。そして、その人が、国政に向けて、頑張ると決意したので、困難ですが、頑張ってください。というそれ以上でも、それ以下でもありません。

つまり、rintaro-oさんのブログは、あくまでも、当たり前ですが、rintaro-oさんのスタンスで、書かれています。内容判断は、御本人に次第ですし、度を超えれば、民主党が何か言うのではないでしょうか。

私は、特に親しいわけでもありませんし、それは、読み手の方の判断になると思います。宙様が、ご意見なさったらいかがでしょうか。

私も、あまりにひどいようだと、連絡しようかとは思いますが。。。

正直、今は、自分のことで、精一杯で更新もままならない状態です。

他人任せで申し訳ないのですが、そういうことです。

コメントありがとうございました。

投稿: forrestal | 2007年10月27日 (土) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/179808/8441512

この記事へのトラックバック一覧です: 国政へ&ブログの向こう側:

» プーチン、イランの核販促カスピ海ツアー [米流時評]
 ||| プーチンの「核の販促」カスピ海ツアー |||暗殺計画発覚無視、カスピ海サミット出席でロシアンパワーを確認 アフマディネジャド大統領とイランの核施設建設をめぐって直談判 米国時間2007年10月15日 ドイツ・ワイスバーデン発 |ロシアのウラジミール・プーチン大統領は、ロシア秘密警察によって訪問予定先イランでの暗殺計画が暴かれたにもかかわらず、15日月曜以前からの計画通りイランを訪問する予定に変更はないと語った。「もし自分に対する暗殺の脅威に気遣って行動を左右したなら、私は自宅から一... [続きを読む]

受信: 2007年10月16日 (火) 12時21分

« 読書の秋:古書・古本屋の楽しみ | トップページ | アフガニスタンの現状に関するメモ »