« 小沢一郎論文に対する所見 | トップページ | 国政へ&ブログの向こう側 »

2007年10月15日 (月)

読書の秋:古書・古本屋の楽しみ

■秋ですね、すっかり、日が暮れるのが早くなって、少し、寒くなってきました。

管理人は今、『現代政治の思想と行動ー増補版:丸山眞男著』を読み返している。新装版も買う予定なのだが、そのまえに、こちらに、もう一度、目を通しておきたかったのである。

今回のエントリーは、丸山眞男先生でもなく、この本の内容でもない。学生時代によくいった古本屋の楽しさについて、少しエントリしてみたい。

今では、アマゾンをはじめ、「日本の古本屋」というサイトもあって、全国の古書店から、検索、注文できる。

■管理人は、学生・院生時、主に、京都の左京区に下宿していたのだが、洋書は、アマゾンで注文していたけれど、あとは、古本屋をめぐるの好きであった。暇があれば、古本屋めぐりをしたものである。(京都ローカルネタですいません)

■もう、最近では、アマゾンのUSEDや、上記にもあげた、「日本の古本屋」というサイトで、殆ど、ことすんでしまうのだが・・・。

『現代政治と思想と行動ー増補版』も、京都にいた時に、古本屋で、300円で買ったものである。書き込み、破損なしの美本である。こんなに安くていいのかなあと思ったほどである(笑)

■東京なら、神保町や、神田あたりが、古本街であろうか。(東京は詳しくないです)、大阪なら、梅田、茶屋町(かっぱ横丁通りに数件、古本屋さんが並んでいる)

管理人がよくお世話になった、古本屋さんは、京都大学の裏門を出て、まず、百万遍の交差点の今出川通りを白川通りで行くまでに、近くに3軒、もう少しいくと2軒ある。

ここは、絶版物から、大学の教科書など、学術書の類が多い。ご教授頂いた先生方の本が半額以下で売られていると、何とも複雑な気分だが、仕方ない。この辺は、結構、正統派な学術書を扱ったいたが、お金のない院生には、大変、助かる。また、掘り出しものを見つける時もある。その時は、大変、嬉しい。又、たまに、大阪大学のN先生と遭ったりしたりで、コーヒー、御馳走様でした。

■また、自分で売った本を買い戻したこともある。お金がなくなったときなどは、いらない法律書から売ったものである。よほどの名著で絶版でない限り、売値は、本のコンディションにもよるが、定価の3割ぐらいだろうか。

又、この今出川通りを白川通りに向かう途中に、百万遍知恩寺というのが、すぐにあるのだが、ちょうど、この時期、10月だったと思うが、古本市をやっている。毎年、行ったものである。又、同じ、古本市ということで言えば、この時期、下鴨神社でも行われている。こちらにも、毎年、参加。この古本市はとにかく安いし、掘り出しものが結構ある。

■次に東大路通りを百万遍から上ると、高野の交差点までに、2軒ほど、学術書を扱った古本屋がある。こちらも、重宝した。主に、哲学・思想、歴史系が多かったと記憶している。

■また、少し趣を変えると、白川通りを京都造形大の近辺までのぼると、今度は、芸術書、美術書を扱った、古本屋が2軒ある。このあたりで、映画評論の思想系の本を買ったことがある。

まだまだマイナーなところもあるのだが、管理人がよく足を運んだのは、上記の古本屋である。

■確かに、新品でないと嫌だとか、きたない気がするなどの意見もあると思うが、管理人は、古本が好きである。多少、線が引いてあっても、問題ない。読めればいいのである。

今でこそ、お金に多少、余裕が出来たので新品で買うが、絶版なども、どうしても、もっていたい所有欲がある。管理人も本は、キレイな状況で置いておきたいと思っていたことがあるが、線をひいて、書きこんで、付箋を貼って、とことん、読んでやることが、自分のためであり、本も喜ぶだろうと思い、そうしている。

古本屋は、なんというか、足を入れたときの、古書の香りが、大変、好きなのである。また、どんなのが入ったかとかチェックを入れて、同じものがあれば、その値段を比較したり、本当に飽きない。なんだか、時間軸を相対化している気分だろうか。

■最近は、ネット上の取引きでだいたいのものが揃ってしまうが、古本屋で、探してなくても、おもしろそうな本に出会うとまさに運命を感じる。(かなり大袈裟だが)

管理人の信条は、「古本は、迷ったら、買え」である。

で、何故、300円だったか、店主が、本の付加価値がわからない、古本屋なのである。ここは、教えられない(笑)

|

« 小沢一郎論文に対する所見 | トップページ | 国政へ&ブログの向こう側 »

「コラム・日記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
古本屋は昔とあまり変わりませんね。私の学生時代によく行った店が、まだ立派にやっているようです。ただ、新刊店は変わりましたね。たまに京都へ行くと、昔繁盛していた店が、件並み変わっているのには驚きます。今は、全国チェーンの店が多いみたい。ジュンク堂、三省堂、ブックファースト、紀伊國屋なんか、昔はなかったんですがね。

投稿: M.N.生 | 2007年10月17日 (水) 14時12分

M.N生さま

コメントありがとうございます。このようなローカルネタにコメント感謝です。

古本屋は、あまり変わってませんね。ただ、四条、3条あたりは、大きく変わったのではないでしょうか。全国展開の大型書店が増えましたね。

そんな中で、「丸善」は、京都から撤退してしまいました。もう、「檸檬」は、置けないのですよ(笑)

コメントありがとうございました。

投稿: forrestal | 2007年10月17日 (水) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/179808/8422865

この記事へのトラックバック一覧です: 読書の秋:古書・古本屋の楽しみ:

» プーチン暗殺計画をロシア秘密警察が摘発 [米流時評]
   ||| プーチン暗殺計画を秘密警察が摘発 |||ロシア秘密警察がチェッチェン自爆テロの暗殺計画を未然に摘発 カスピ海サミット出席前にメルケル、アフマディネジャドと会見 米国時間2007年10月14日 モスクワ発 |14日日曜モスクワの消息筋がクレムリンのロシア政府広報官から伝えられた情報によると、ロシアのウラジミール・プーチン大統領を暗殺しようとする計画が未然に発覚したという事実が明らかにされた。プーチン大統領は今週イランを訪問する予定だが、暗殺計画はその間をねらったものと伝えられてい... [続きを読む]

受信: 2007年10月15日 (月) 19時20分

» ユーラシア大連邦と第三次世界大戦 [米流時評]
   ||| ユーラシア大連邦と世界大戦の妄想 ||| ロシア・イラン・中国のユーラシアユニオン対 NATO拡大軍のグローバルな第三次世界大戦は すでに始まっている イスラエル、アルメニア、トルコ、クルド、イラン、リビア、ソマリア、ダルフール、ミャンマー、東トルキスタン、チベット...... 紛争の焦点はグローバルに散在 イスラエルとパレスチナ「エルサレム二都物語」 先月末から2週間近くミャンマーの虐殺に胸つぶれる思いで、軍事独裁政権の弾圧を糾弾してきたので、他の重要なニュース... [続きを読む]

受信: 2007年10月17日 (水) 20時22分

« 小沢一郎論文に対する所見 | トップページ | 国政へ&ブログの向こう側 »