« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月30日 (火)

対テロとの戦い:「新しい戦争」の時代

■グローバルな戦いから、日本は、一歩後退するのだろうか・・・。

<海自補給艦>「最後」の洋上給油

10月30日1時3分配信 毎日新聞

【アラビア海北部・高橋宗男】海上自衛隊の補給艦「ときわ」は29日午後(日本時間同日夜)、中東のアラビア海北部で、米国が主導する「対テロ戦争」の有志連合国の艦艇に対し、最後となる見通しの洋上給油を実施した。海上自衛隊は01年12月からインド洋で補給活動を続け、今回を含めこれまでに11カ国の艦船に794回、計約49万キロリットルの給油を実施。テロ対策特別措置法が11月1日に期限切れを迎えるため、新法の成立まで中断されることが確実な情勢となっている。中略・・・給油活動を指揮した尾島義貴・第6護衛隊司令は「各国元首からの評価もあり、我々の活動が間違っていなかったと感じている」と自負を示した。さらに「この海域は日本のエネルギー確保にかかわる重要なルート。ここに日本の自衛艦が存在することは重要だと思う」と強調した。以下、略・・・、引用終わり

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071030-00000001-mai-pol

続きを読む "対テロとの戦い:「新しい戦争」の時代"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年10月22日 (月)

アメリカ軍の新海洋戦略

■地球上のほぼ7割は、海(洋)である。制海権をいかに握るかは、今も重要であろう。

米軍 新海洋戦略を発表

【ワシントン=有元隆志】米軍は17日、新海洋戦略を発表した。軍事的に重要な地点で活動する前方展開戦略、抑止力の維持や、同盟国などとの協力強化に加え、災害時の人道支援など「ソフトパワー」の重視も打ち出した。

 新戦略は海軍、海兵隊、沿岸警備隊が合同でまとめた。3つの組織が共通戦略を打ち出すのは初めてという。2001年の米中枢同時テロ後の、相互の連携を重視したものといえる。

 冷戦時の米軍戦略は旧ソ連対策に重点が置かれた。旧ソ連崩壊後、米軍は世界で唯一の超大国となったものの、新戦略ではテロとの戦いなどに対処するうえで、「世界の海全体の安全を1カ国だけで確保できる国はない」と指摘した。

 米軍は必要なときには対処する能力は持っているとしながらも、「(各国との)信頼や協力は急にできるものではない」として、同盟国などとの信頼関係の構築の重要性を強調した。

 貿易の要衝でありながら、不安定な地域でもあるアラビア湾、インド洋などでの航行の自由確保も重視した。

 さらに、テロ対策に加え、災害時などの人道支援、大量破壊兵器の拡散防止に早期対処する必要性も訴えた。以下、略・・・ 引用:終わり

引用元:http://sankei.jp.msn.com/world/america/071018/amr0710180036000-n1.htm

続きを読む "アメリカ軍の新海洋戦略"

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2007年10月18日 (木)

アフガニスタンの現状に関するメモ

■まず、お知らせです。左のリンク欄を見て頂ければ、わかると思うのですが、「当ブログの運営方針」について、皆様のご意見を拝聴したく、アンケートバナーを設けました。どうぞ、ご協力ください。

■アフガニスタンの現状を把握するのは大変、難しい。こちらも、情報が、錯綜している。というより、あまり、ないのが実情である。今臨時国会の政争の具になってしまっているが、肝心のアフガニスタンの情勢・情報が抜けている気がしてならない。

アメリカが主導する多国籍軍、NATO指揮下のISAF、NGOsの活動を中心に、少しまとめてみたい。

アフガニスタンについては、外務省のページを付記しておく(アフガニスタン

続きを読む "アフガニスタンの現状に関するメモ"

| | コメント (8) | トラックバック (6)

2007年10月16日 (火)

国政へ&ブログの向こう側

■拙ブログでもリンクさせて頂いている、『王侯将相いずくんぞ種あらんや』のrintaro-oさんこと、緒方林太郎さんが、この度、民主党の次期選挙の公認候補になられました。おめでとうございます。拙ブログでも、コメントを頂いたりで、お世話になっていることもあり、紹介させて頂きます。

民主党のHPより:http://www.dpj.or.jp/member/?detail_2346=1

緒方 林太郎

おがた りんたろう

公認内定候補 / 衆議院 / 新人 / 福岡県9区 次期公認候補

[ 生年月日 ] 1973年 1月 8日
[ 出身 ] 福岡県北九州市
[ 学歴 ] 東京大学法学部中退
[ 肩書・役職・経歴等 ] 元外務省課長補佐
[ ホームページ ] http://ameblo.jp/rintaro-o

次の選挙が恐らく、年始か、3月、4月ではないかと言われるなか、あまり準備の時間はありませんが、頑張ってください。国政で活躍されることを、期待しております。

実は、管理人も京都にいる時に、某選挙事務所で、アルバイトをしたことがあります。選挙というのは、大変、厳しいもので、管理人には、とても無理だと思いましたが・・・。

rintaro-oさんには、ぜひ、外交・安保もさることながら、食糧自給率の低い日本で、地方の活性化と共に、農政に期待しております。御存じの通り、農業分野での貿易自由化、又、WTOでも、国家の農業援助金というのは、減らしていく世界的潮流にある。その中で、グローバル化とともに、国内、海外の競争に負けない、足腰の強い農政に戦略的ビジョンをもって取り組んでほしい。

あと、選挙用写真や、ポスターは、重要ですよ。やさしい、温かみのある、感じがいいですよ。政治がよくわからない主婦層には、受けますから(笑)(管理人の母親だけかな、そんな理由で、選んでるの・・・)

続きを読む "国政へ&ブログの向こう側"

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007年10月15日 (月)

読書の秋:古書・古本屋の楽しみ

■秋ですね、すっかり、日が暮れるのが早くなって、少し、寒くなってきました。

管理人は今、『現代政治の思想と行動ー増補版:丸山眞男著』を読み返している。新装版も買う予定なのだが、そのまえに、こちらに、もう一度、目を通しておきたかったのである。

今回のエントリーは、丸山眞男先生でもなく、この本の内容でもない。学生時代によくいった古本屋の楽しさについて、少しエントリしてみたい。

今では、アマゾンをはじめ、「日本の古本屋」というサイトもあって、全国の古書店から、検索、注文できる。

続きを読む "読書の秋:古書・古本屋の楽しみ"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年10月11日 (木)

小沢一郎論文に対する所見

■11月号、論壇誌『世界』に寄稿された、小沢一郎氏の論文の所感・所見を述べる。

民主党の小沢代表が月刊誌に寄稿 国連決議に基づき、活動参加に前向き 2007年10月08日 23:04 発信地:東京

【10月8日 AFP】インド洋での海上自衛隊の給油活動継続に反対する民主党の小沢一郎(Ichiro Ozawa)代表は、9日発売の月刊誌「世界」に寄稿した論文で、アフガニスタンで活動する国際治安支援部隊(ISAF)など国連決議に基づく活動への自衛隊派遣に前向きな姿勢を示した。

 同論文は、小沢氏自身が海上自衛隊の給油活動継続に反対する理由を説明したもの。この問題をめぐっては与野党で攻防が続いている。

 小沢氏は論文の中で、「国連の活動に積極的に参加することは、たとえ結果的に武力の行使を含むものでもむしろ憲法の理念に合致する」と述べている。産経新聞の引用によると、アフガニスタンで北大西洋条約機構(NATO)が主導するISAFや、スーダンでの国連平和維持活動(PKO)へは「政権を取れば、参加を実現したい」と明言している。以下、略・・・ 引用終わり

引用元:http://www.afpbb.com/article/politics/2295126/2223367

続きを読む "小沢一郎論文に対する所見"

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2007年10月10日 (水)

お詫びと訂正:ISAFについて

■読み手の皆様、大変、申し訳ありません。10月6日の拙エントリ『小沢代表の国連至上主義』におきまして、ISAFは、憲章7章に基づかないとエントリしましたが、管理人の勘違い、調べ不足により、間違いであることがわかりましたので、すぐに、本文、及び、コメントレスは、訂正いたしました。深く反省し、今後は、よく調べた上で、エントリをしたいと思います。本当に申し訳ありませんでした。

ISAFとは、2001年12月に、安保理決議、1386決議(pdfです。ご注意ください。)で、NATOのボン合意を承認し、憲章7章に基づき治安維持を目的に、武力の行使は可能ですし、行っています。その後、アフガニスタンに対する、国連安保理決議で、期限の延長が続けられています。以下、1386決議の憲章7章下にある治安維持部隊・活動である、文言の一部を抜粋します。

Acting for these reasons under Chapter VII of the Charter of the United
Nations,

1. Authorizes, as envisaged in Annex 1 to the Bonn Agreement, the
establishment for 6 months of an International Security Assistance Force to assist
the Afghan Interim Authority in the maintenance of security in Kabul and its
surrounding areas, so that the Afghan Interim Authority as well as the personnel of
the United Nations can operate in a secure environment・・・以下、略

つまり、憲章7章の42条の軍事的措置、及び、(主に)43条になります。また、ISAFが、必ず、武力の行使を伴うものでもありません。補給や輸送なども含まれます。さらに、このISAFをサポートするPRT(地域復興支援チーム)という軍民混成で衛生保護や、救護、インフラ整備などの活動を行うチームも、地域復興支援活動を行っています。又、アメリカがOEFを行っている地域もあります。少し複雑なのですが、又、機会、新たにエントリする予定です。(尚、エントリに記載していたDDRは、削除致しました。DDRとは、ISAFもOEFも行っている、タリバン勢力などの非武装化行為のことです。)

尚、ISAF、PRT派遣が、合憲か違憲かに関しては、憲法9条解釈によりますが。ISAFやPRTでも、武力行使を行わず、復興支援のみに従事するとすれば、イラクでの人道復興支援同様、派遣は可能です。ただ、憲法上は、賛否両論あるでしょう。

この度は、読み手の皆様に、間違った情報を伝達してしまい本当に申し訳ありませんでした。猛省いたします。今後、このようなことがないよう、極力、尽くしていきます。特にコメントを下さった、SAKAKI様、板倉さまには、深く謝罪、申し上げます。

ただ、それでも、記憶違い、勘違い、調査不足により、間違いをエントリしてしまうこともあると思います。その時は、厳しく、ご指摘、頂けると幸いです。どうぞ、これからも、拙ブログをよろしくお願い致します。

管理人:forrestalより

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

沢尻エリカさんをあえて擁護してみる

■芸能ネタにはうとくても、さすがに、これだけ、話題になると目がとまる。まあ、連休の中休みということもあって、こういうどうでもいいネタもたまにはいいだろう。

主演映画「クローズド・ノート」(行定勲監督)の初日舞台挨拶で、腕組み仏頂面の態度に批判が集中し、自身の公式ブログやテレビ番組などで謝罪した人気女優、沢尻エリカ(21)について、プロボクサーの亀田興毅(20)が7日、出演したTBSテレビ系「サンデー・ジャポン」で感想を聞かれ、「(不遜な態度は)やっていい場所とそうでない場所がある」と沢尻を批判した。

 司会役の爆笑問題、太田光(42)がすかさず「お前が言うか!」と突っ込みを入れると「対戦相手にすることはあっても、お客さんに文句言ったりはせえへん」と返答。以下、略・・・引用おわり

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071007-00000902-san-ent

続きを読む "沢尻エリカさんをあえて擁護してみる"

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年10月 6日 (土)

小沢代表の国連至上主義

■今、臨時国会の政争の具になっている、新テロ特別措置法(仮称)だが、この法案を巡っては、これまで、何度か、エントリしてきた。今回は、少し、国際法的に、小沢代表が何を、問題にしているのか確認しておきたい。

対テロ新法:民主、事前協議を拒否、与党が法案骨子を提示

新法案は11月1日に期限が切れるテロ対策特別措置法に代わり、インド洋でテロ対策活動に従事する有志連合国軍への海上自衛隊の支援活動を継続するもの。骨子案では活動を給油・給水(補給)に限定し、法律の期限は2年とした。活動に対する国会の承認は不要とし、活動内容について「1年後の国会への報告」を義務づけた。【小林多美子】

引用元:http://mainichi.jp/select/seiji/news/20071006k0000m010154000c.html

毎日新聞 2007年10月5日 23時44分

続きを読む "小沢代表の国連至上主義"

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2007年10月 2日 (火)

ブロガーは何が出来るのか?

■皆様も、ミャンマーが、報道規制に踏み切ったことは、ご存じだと思う。今回は、そのことに関連する形で、管理人がいつも拝読させて頂いているブログでのやりとりを読ませて頂き、いろいろ、そのことに対する見解も含めて、自分のブログ、及び、ブログへのスタンスについて考えさせられることがあった。

もう、皆様、お読みかもしれないが、まず、次のエントリを参照頂きたい。

・finalvent様(この事態はちょっと微妙

・エレニ様 (ブログの使いよう

・BigBang様 (ミャンマーのこと―相対主義の地獄を超える

続きを読む "ブロガーは何が出来るのか?"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »