« 安倍改造内閣発足 | トップページ | 昨今のイラン情勢を考える »

2007年8月30日 (木)

コメント・TBについて(3)

■本ブログを拝見・拝読してくださる、読み手の皆様、いつも、本当にありがとうございます。

■本ブログのコメント管理についてのお知らせです。

政治系ブログゆえに、多様な見解があり、時に、感情的に熱くなることもあります。ただ、そうしたやりとりの多くが、かみ合わない議論で、誹謗・中傷までいってしまう傾向が多いように思います。まあ、よくあることですが。。。

それゆえ、仕方のない部分もあるのですが、極力、拙ブログでは、そのようなことが起こらないように、管理者として、管理していきたく思っております。また、公序良俗に反したり、有名・無名に関わらず、個人のプライベートに関する事柄、誹謗・中傷、エントリとは、まったく関係のないコメントに関しましては、管理人の判断で、削除させて頂きます。

どうぞ、ご理解の上、ご了承ください。よろしくお願い致します。

■あと、何通かメールを頂きました。ありがとうございます。内容は、

①文章が硬くて、読むのが大変

②コメントするにも、隙間がない。

③英語の訳をつけてください。

④馬鹿なコメントは出来ず、返って、怒られそうだ。

などなど。ご批判、ご指摘を頂きました。

出来る限りの範囲で、改善したいと思っておりますが、基本的には、従来とあまり変わらないと思いますが・・・。(反省しろよと言われそうですが・・・)

隙間は、多々あると思いますし、コメントに怒ったりなどしないのですが・・・汗

又、マイペースで、やっていきますので、どうぞ今後とも、拙ブログをよろしくお願い致します。

管理人:forrestalより

|

« 安倍改造内閣発足 | トップページ | 昨今のイラン情勢を考える »

「ご連絡」カテゴリの記事

コメント

コメント管理で対応するってのは
結局、自分の気にくわない他人の意見には
耳を貸せない人のとる行動ですよ
こういうのは、なにかを分析・批評する
資質があるのでしょうかね?
その程度なんですよね。きっと

投稿: aa | 2007年8月31日 (金) 03時28分

aa様

今度は、名無しさんからブログネームをつけてくださったのですね。

まあ、貴殿のコメントなど、ほっておいてもいいのですが、釣られてあげましょう。

まず、エントリ及び、コメントレスをよく読んでください。

コメントの管理の内容が書いてあります。管理人は、個人のプライべート、誹謗・中傷(議論が白熱し、エスカレートした際も含む)、公序良俗に反するもの、エントリとはまったく関係のないコメントに関して、判断の上で、削除させて頂く可能性があると申し上げているのです。

多かれ少なから、スパムや宣伝コメントなど、みなさん、コメント管理で削除なさっているのではないでしょうか。

管理人がいつ、これまで、どこに自分の気に食わない他人の意見に耳を貸さないといったでしょうか。また、そのようなケースがあるなら例示してください。

もう少し、言説分析をしてみましょう。あなたのロジックは、コメント管理で対応する→他人の意見に耳貸さない→分析・批評する資質があるか→よくわからない、その程度

となるでしょうか。

まず、コメント管理の内容は、人それぞれでしょう。すべてのコメント管理が他人の意見に耳を貸さないという相関関係(因果関係)があるのなら、反証可能な根拠とともに、示してもらえませんか?

管理人のコメント管理の内容は、上記にも、エントリにも書いてあります。このことが、また、他人の意見に耳を貸さないということであることを示してもらえますか?

そして、それが分析・批評する資質とは何かを明らかにされた上で、その相関関係を説明いただけますか?

最後に、「その程度」とはよくわかりませんが、程度というのは、強弱、高低、優劣を図る度合いです。ならば、その基準を明確にし、また、その基準の構成要素(定義も含めて)も明らかにしてもらえますか?

まず、書いてある内容をしっかり、お読み頂きその上で、意見を頂けると嬉しいのですが。

取りあえず、上記の4点にまず、お答えしてくださいね。尚、反証可能な根拠やデータに基づいてお願い致します。でないとただの貴殿の論理性のない主観のみですから。

投稿: forrestal | 2007年8月31日 (金) 07時24分

いけませんよ、釣られちゃあ。その程度になっちゃいますよ。

投稿: 管理人さんへ | 2007年8月31日 (金) 15時08分

管理人さんへ様へ

コメントありがとうございます。

ご丁寧にご指摘ありがとうございます。

まあ、わざと釣られてあげたのですが、他の読み手の皆様には、大変、不愉快・不快な思いをさせてしまいましたね。

少し、びびらせたのかもしれません・・・汗

まあ、普段は、こんなことはないのですが。

ますます、コメントこないですね。。。

深く反省いたします。どうも此度は、読み手の皆様、見苦しいところをおみせして、申し訳ありませんでした。以後、反省し、気をつけます。

コメントありがとうございました。

投稿: forrestal | 2007年8月31日 (金) 22時31分

 コメントには、気が向いたらレスポンスすればいいのです。
 ブログで「論争」をやろうと思ってはいけません。「考え方」を示すのが、せいぜいです。

投稿: 雪斎 | 2007年9月 2日 (日) 01時17分

雪斎さん

いつもコメントありがとうございます。どうも今回の件は、お恥ずかしい限りで。。。ただ、頂いたコメントには、お返事したいという気持ちが強いようです。これからは、もっと、気楽にコメントにも、対応していきますね。上のコメントは、マジレスではないのですが、やり過ぎたと反省しております。ブログ慣れしてませんね(笑)

私もブログは、「論争」、「議論」する空間ではないと思っております。正確には、出来ないですね。仰る通りで、「考え方」を示すのがせいぜいです。

ご丁寧にコメントありがとうございました。以後、気をつけます。

投稿: forrestal | 2007年9月 2日 (日) 01時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/179808/7744475

この記事へのトラックバック一覧です: コメント・TBについて(3):

« 安倍改造内閣発足 | トップページ | 昨今のイラン情勢を考える »