« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月30日 (木)

コメント・TBについて(3)

■本ブログを拝見・拝読してくださる、読み手の皆様、いつも、本当にありがとうございます。

■本ブログのコメント管理についてのお知らせです。

政治系ブログゆえに、多様な見解があり、時に、感情的に熱くなることもあります。ただ、そうしたやりとりの多くが、かみ合わない議論で、誹謗・中傷までいってしまう傾向が多いように思います。まあ、よくあることですが。。。

それゆえ、仕方のない部分もあるのですが、極力、拙ブログでは、そのようなことが起こらないように、管理者として、管理していきたく思っております。また、公序良俗に反したり、有名・無名に関わらず、個人のプライベートに関する事柄、誹謗・中傷、エントリとは、まったく関係のないコメントに関しましては、管理人の判断で、削除させて頂きます。

どうぞ、ご理解の上、ご了承ください。よろしくお願い致します。

■あと、何通かメールを頂きました。ありがとうございます。内容は、

①文章が硬くて、読むのが大変

②コメントするにも、隙間がない。

③英語の訳をつけてください。

④馬鹿なコメントは出来ず、返って、怒られそうだ。

などなど。ご批判、ご指摘を頂きました。

出来る限りの範囲で、改善したいと思っておりますが、基本的には、従来とあまり変わらないと思いますが・・・。(反省しろよと言われそうですが・・・)

隙間は、多々あると思いますし、コメントに怒ったりなどしないのですが・・・汗

又、マイペースで、やっていきますので、どうぞ今後とも、拙ブログをよろしくお願い致します。

管理人:forrestalより

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

安倍改造内閣発足

■マス・メディアの扱いも大きく、多くの専門家、ブログでもうすでに、論じられているが、管理人のリンク先でいえば、雪斎殿SAKAKI殿も論じられている。参照願いたい。管理人も少し、思うところをエントリしておきたい。

■新安倍内閣

内閣総理大臣:安倍晋三  (町村派)

内閣官房長官:与謝野馨  (無派閥)

外務大臣:町村信孝  (町村派)

防衛大臣:高村正彦  (高村派)

総務大臣:増田寛也  (民間)

法務大臣:鳩山邦夫  (津島派)

財務大臣:額賀福志郎  (津島派)

文部科学大臣:伊吹文明  (伊吹派)

厚生労働大臣:舛添要一  (無派閥・参議院)

農林水産大臣:遠藤武彦  (山崎派)

経済産業大臣 甘利明    (山崎派)

国土交通大臣:冬柴鉄三  (公明党)

環境大臣:鴨下一郎  (津島派)

国家公安委員長:泉信也   (二階派・参議院)

経済財政大臣:大田弘子  (民間)

沖北担当大臣:岸田文雄  (古賀派)

少子担当大臣:上川陽子  (古賀派)

金融・行革担当大臣:渡辺喜美  (無派閥)

■自民党党3役

幹事長:麻生太郎  (麻生派)

政調会長:石原伸晃  (無派閥) 

総務会長:二階俊博  (二階派)

続きを読む "安倍改造内閣発足"

| | コメント (10) | トラックバック (4)

2007年8月24日 (金)

本当にどうでもいい話

■昨日のエントリのあと、私のブログなど、殆ど見ない彼女から、連絡があり、ひどくダメ出しされました・・・涙

彼女:「つまらないとか書く必要ないでしょう。もっと、おもしろいとか書けないの?」

管理人:「いや、これは、日本的な謙遜じゃないか」

彼女:「謙遜ねぇ、普段は、もっと積極的で、これが、アメリカ的な主張する精神とか言ってるのにねぇ」(嫌味っぽく・・・)

続けて、

彼女:「そんなに自分を卑下することないんじゃないの、まるで、自虐的ねw」

「だから、セミプロアメリカンなんじゃない。」(突き放すように・・・)

管理人:「いや、だって、俺、日本人だしさあ。」

彼女:「アメリカに何しに行ってたのよ!」

管理人:「・・・」

彼女:「でも、まあ、実際、つまらないしね」(非常に冷たく)

管理人「…………………………………………」

実際、数えてみたところ、間違えがなければ、3度程、「つまらない」を使ってます。

■とまあ、Sの彼女とMの私で、バランスは取れてるかと・・・。

でも、雪斎殿のブログをおもしろいとフィードしてます・・・。

本当に、どうでもいい話、失礼しました。以後、気をつけます。

まあ、たまには、こういうエントリもいいかも。金曜日だし。

■また、今後も、今までと変わりなく、情報、見解を発信していきたく思っております。

最後に、カワセミ殿も、大変、ご多忙のご様子ですが、そこまで、強く自民党に抗議の意思があるわけではないですが、管理人は、しばらく状況を見ようと思っておりましたが、この度のやり方には、やはり、腑が落ちない所もあり、また、さくらさんのブログ「さくらの永田町通信」が好きですから、その再開を願いつつ、ご本人は、どのように思われるかはわかりませんが、お勧めリンクに、残しておきます。

それでは、みなさん、よい週末を!ゆっくり、休養をとってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

残暑お見舞い&自己ブログ

■皆様、暑い日が続きますね。管理人はお盆休みもあまり、ゆっくり出来ず、なんだかどっと疲れがでております。これから、皆様もお疲れが出る時期だとは、思いますが、どうぞ、ご自愛ください。又、つまらないブログですが、どうぞ、これからもよろしくお願い致します。残暑、厳しい季節がら、体調をくずさないよう、お気をつけください。

■8月は、殆ど、更新できずにいる。あまり、エントリする、体力と気力がない。まあ、マイペースで、やっていこうと思っているので、ご了承、頂きたい。

■ここで、日頃、お世話になっているブロガーさんに、感謝の意を述べておこうと思う。

(大きなお世話かもしれないだろうが・・・)

雪斎様:雪斎殿のブログは、武藤が、グレート・ムタの毒吐きをやってるようなものだと仰るが、アカデミズムに裏付けられた鋭い分析、時折、垣間見える日常の風景のコントラストが、ユニークで、非常におもしろく、勉強させて頂いています。又、くださるコメントも、管理人に新たな知見を提供してくれる。今後も、アカデミズム、論壇で、ご活躍のことだと思うがどうぞご自愛してください。

カワセミ様:国際関係、歴史など、グローバルに造詣が深く、いつも、勉強になります。特に、日本のメディアでは、あまり報じられないが、国際的な変化に敏感で、それをフォローできるだけの力量をお持ちである。いつも、コメントさせてもらっているのだが、意見交換させて頂けるのが、大変、嬉しい。今後もクオリティの高いエントリをマイペースで、更新して頂きたい。暑いですが、どうぞ、ご自愛ください。

やじゅん様:最近は、大変、ご多忙であるが、難しいことを、ソフトに、わかりやすく、エントリされる姿勢は、立派である。この作業は、実は、非常に難しく、相当量の知識、理論、情報分析能力がないとできない。夏バテ気味とのこと、どうぞご自愛ください。

Baatarism様:目のつけどころが、おもしろく、さすが、斜め133度の思考回路をお持ちである。また、経済学に裏打ちされた、政治・経済エントリは、おもしろく、有益である。管理人のつまらないエントリにコメントをくださる、感謝である、残暑、厳しいですが、ご自愛ください。

・・・みたいな様:無理を言って、拙ブログのテーマソングを作って頂いた。今でも、重宝しております。管理人が言うまでなく、世情を歌に替えるセンスは、天才としかいいようがない。いつも、楽しく拝読させて頂いております。残暑、厳しいおり、どうぞご自愛ください。

SAKAKI様:目のつけどころ、それを、ユーモアをもって、エントリされる姿勢は、立派である。茶化したり、馬鹿にしたり、そういうことではなく、おもしろさも交えながら、記事にされる芸当は、見事である。又、いつもくださるコメントも非常にありがたい。まだまだ、暑い日が続きますが、どうぞご自愛ください。

かんべえ様極東ブログ様舎様ぐっちー様rinta様 いつも、拝見、拝読させて頂いております。クオリティが高く、勉強・参考にさせて頂いております。暑い日が続きますが、どうぞご自愛ください。

○最後に、さくら様、副会長様、一愛読者として、いつも楽しみにしておりました。今回の件は、まことに残念です。

さくらさまの読むと不思議と元気のでるブログ、一生懸命、勉強を頑張りながら、永田町の雰囲気を伝えようとご尽力されていた姿勢は、立派です。コメントでは、少し厳しい意見を言ったと思います。また、TBなどで、お世話になりました。この場を借りて、お詫びと感謝を申し上げます。

副会長さん、いつも拝見させて頂いておりました。管理人は、中・高とサッカー部だったので、野球ネタにはうとく、あまり、コメントしたり、ブログ交流できなかったのが残念です。

どうぞ、おふた方とも、暑いですが体調を崩さず、ご自愛ください。

雪斎殿(12時間の眠りの後で・・・)、Baatarism殿(残念至極) 

続きを読む "残暑お見舞い&自己ブログ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

2つの朝鮮、1つの経済?

■韓国では、次期大統領選が12月に控えている。自然災害(水害)を理由に、南北首脳会談は、延期とされたが、アメリカのCFRの分析を紹介して、私見を述べる。

韓国大統領選、ポスト盧で、対「北」政策は変わるか

ポスト盧武鉉はだれになるのか。韓国の大統領選挙の結果、対「北」政策などに変化は起きるのか。

 12月19日の大統領選に向け、野党ハンナラ党が実施した予備選で、李明博・前ソウル市長が朴槿恵・元党代表に競り勝ち、同党の大統領候補に決定した。

 ハンナラ党は、保守勢力を結集して10年ぶりの政権奪還を目指している。保守勢力は、過去2回の大統領選で、世論調査で優勢が伝えられながら、最終局面で分裂し、敗北した。

 今回も、予備選の過程で、李、朴両陣営は激しい中傷合戦を展開した。李候補は、大手建設会社社長や市長在職中の私有財産形成や許認可権をめぐる疑惑を追及された。朴元代表は、私生活を詮索(せんさく)され、父親の故朴正煕大統領のクーデターや独裁の責任まで問いただされた。

 しこりを残さず、党内団結を維持できるかどうかが大きな課題だ。

 李候補は、予備選では疑惑を否認したが、これから与党陣営から執拗(しつよう)な攻撃を受けるだろう。

 盧武鉉政権の人気低迷で分裂状態だった与党陣営は、新勢力が旗揚げした民主新党に旧勢力が合流して再び一つの傘の下に集まった。大統領候補を決める予備選を10月に行い、ブームを盛り上げ、余勢を駆って勝利を狙う構えだ。

 南北首脳会談は、北朝鮮の水害で10月初めに延期された。盧政権が大統領選の道具に使う可能性は一層強まる。

 韓国大統領選で、対「北」政策は、与野党対決軸の一つだ。

 与党陣営は、盧政権が金大中・前政権から受け継いだ「太陽政策」を発展させるとしている。南北首脳会談で北朝鮮への大規模経済支援を具体化することで南北和解を演出しようとするだろう。

 これに対し、ハンナラ党は、盧政権の対「北」支援を、「無分別で無原則な対応」と批判している。元来、北朝鮮に支援に見合った措置の履行を求める「相互主義」に力点を置いてきた。融和路線をとる与党陣営よりは厳しい姿勢だ。 以下、略・・・

(2007年8月22日1時20分  読売新聞)

続きを読む "2つの朝鮮、1つの経済?"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年8月15日 (水)

核の反響

■お盆休みも半分が過ぎた。結局、実家には帰っているものの、父方の田舎には、帰省していない。うーん、それにしても暑い。。。なんとかならないものか・・・。

■先週は、まったく更新できなかった。言うまでもなく、先週は、広島・長崎の「原爆忌」であった。8月ゆえに、戦争ネタということでもないけど、ブログ初年度ということもあり、プロフィールにもある通り、時代を最後尾から追いかけるということで、エントリしておこうと思う。

核に関しては、もう数回エントリしてきた。そもそも、このブログのはじめに、日本の核武装論について、すでにエントリしてある。管理人の考えは、その時と変わらない。

日本の核武装論に関する所感 また、日米の歴史認識でも、扱った。歴史認識問題(2)日米こちらを参照していただければ、幸いである。

続きを読む "核の反響"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

テロ特措法の今後

■更新が空いてしまい読み手の皆様、申し訳ありません。なんだか、バタバタしていたり、一応、政治系ブログのつもりなんですが、少し、政治から離れたい衝動に駆られてました。

■まず、はじめの日本外交において、民主党との妥協になるのは、9月からの臨時国会で延長を目指す、テロ特措法であろう。

テロ特措法:政府・与党の姿勢次第で柔軟対応…民主・菅氏

 民主党の菅直人代表代行は5日のフジテレビの番組で、小沢一郎代表が反対の意向を表明しているテロ対策特別措置法の延長について「もともと一切支援すべきではないという姿勢で反対したわけではない。自衛隊派遣そのものに反対したイラク復興支援特別措置法とは違う」と述べ、政府・与党の姿勢次第で柔軟に対応する考えを示した。

 菅氏は「(01年の同法制定時に)国会の事前承認などの条件が満たされれば賛成できるところまでいっていた」と指摘、事前承認などが課題になるとの認識を示した。さらに「議論をしたくても一切(支援の)中身を示さない。政府の姿勢が変わらなければ我々も(反対の)姿勢を変えないのは当然だ」と述べ、十分な情報公開の必要性を強調した。

 一方、自民党町村派会長の町村信孝前外相は同日のテレビ朝日の番組で「法案修正とか米国との話し合いとかいろいろやらないといけない」と語り、民主党の協力を得るため同党との修正協議を行うことも検討すべきだとの考えを示した。【須藤孝】

毎日新聞 2007年8月5日 19時51分

続きを読む "テロ特措法の今後"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »