« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月30日 (月)

参議院選挙の簡単な総括

■参議院選挙の結果がでた。大方の予想通りではなかっただろうか。

参院選:民主、結党以来の大勝 「格差」不満受け皿

 民主党が躍進する一方で、自民党は歴史的惨敗という結果に終わった今回の参院選で、両党の獲得議席を見ると、民主党が「1人区」(改選数1の選挙区)▽「複数区」(同2以上の選挙区)▽比例代表--のすべてで自民党を上回った。こうした状況は98年4月の民主党結党以来初めて。

 民主党は1人区で04年の9議席から17議席とほぼ倍増。これに対し、自民党は14議席から6議席に減らし、89年の3議席に次ぐ少なさとなった。民主党の1人区躍進の要因は、年金記録漏れ、格差問題、相次いだ閣僚の不祥事など、与党の失策で追い風が吹いたことにあると見られる。とくに格差問題をめぐっては、1人区が多く抱える農村部で小泉政権下で進んだ地域間格差に対する不満がたまっており、今回の参院選を機に一気に噴出したと見られる。

 さらに、4月に行われた統一地方選では、民主党が44道府県議の獲得議席数を03年の計205議席から計375議席に伸ばしており、これも同党の躍進の条件を整えたと言える。同党若手議員は「県議がいなかった時は農村部を回るにも行ける所がなかったが、今回は県議を中心に組織戦ができた」と振り返り、党の足腰が強化されたことを強調する。

 ただ、44道府県議の数は自民党の1212議席に遠く及ばない。今回は「敵失」による突風に助けられた側面がある。本当に足腰が強化されたかどうか、真価が問われるのは次回以降の国政選挙となりそうだ。

 一方の自民党の得票傾向はどうだったのか。人口密度に応じ、各選挙区を(1)都市型(2)準都市型(3)農村型--に3分類し、同党の得票率の変遷を見てみた。

 農村型の選挙区は、「小泉ブーム」で躍進した01年には50.5%だったが、04年には44.1%に低下。今回はさらに減って37.8%となっており、1人区で振るわなかったことを裏付けた。以下、略・・・

毎日新聞 2007年7月30日 12時47分 (最終更新時間 7月30日 12時53分

続きを読む "参議院選挙の簡単な総括"

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2007年7月25日 (水)

NHK:日本のこれから

■ようやく、梅雨も明け、頭痛とダルさに悩まされることから解放されるかと思ったら、かなり、気分が楽になった。

■管理人のリンク先にある、舎殿のエントリーにあるNHKスペシャル『日本のこれから』:9条のアンケートに答えてみる。

もちろん、全ては答えられないので、その中の一部になるが。。。

こちらが、アンケートのHPである。(ちなみに、管理人、HNKはというか、TV自体、あまり見ないのだが・・・)

続きを読む "NHK:日本のこれから"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

YMOとは何だったのか

■早く、梅雨が明けないかを心待ちにしている。最近、友人にYMO(イエロー・マジック・オーケストラ)のCDを借りてきいてみた。

当然、管理人は、YMOが結成され、ワールドツアーを行い、社会現象を起こしたことは、リアルタイムでは知らない。

ただ、この音楽は、現在のエレクトロニカにも、負けない、不思議な鮮度があり、古さを感じないのである。

今年の5月には、ライブを行ったようであるが、YMOについて少し思うことを書いてみる。

続きを読む "YMOとは何だったのか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

参議院に対する所感

■地震に台風と日本列島に特徴的な自然現象に見舞われた。被害に遭われた方、未だ、普段の生活に戻れない方々に、心からの平穏を願う。

■管理人はというと、梅雨で、グッタリしている。エアコンをつけると寒いし、消すと暑いし。。。皆様もご自愛してください。

■今回は、参議院選挙も告示され、選挙戦もスタートしているが、今後の参議院の在り方について、私見を述べたい。

続きを読む "参議院に対する所感"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

参院選 支持政党は?

■参議院選挙が告示された。投票日は、29日である。この選挙の予測は、もうすでに、管理人のリンク先にある、雪斎殿のエントリ、カワセミ殿のエントリを参照して頂きたい。管理人の予測も対して変わらない。

ただ、選挙が告示されたので、特定の政党名、立候補者名を挙げることはしない。

■そこで、今回は、まあ、ひとつのお遊びであるが、支持政党がわかるアンケートをやってみて、その結果を報告する。(みなさん、もうお試しかもしれなが)

毎日ボートマッチ

日本版ボートマッチ

である。

続きを読む "参院選 支持政党は?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

麻生外務大臣の新書

■麻生外務大臣の新書『とてつもない日本』が発売されて、およそ、一か月が経過した。この紹介・書評をいつエントリしようか迷っていたが、時間も経過したことであるし、簡単に感想を述べる。尚、管理人がいつもお世話になっている、Baatarism殿も、エントリされているので、拝見して頂きたい。

「日本人のエネルギーは、とてつもないものだ。日本は、これから必ずよくなる。日本は、とてつもない国なのだ」 祖父 吉田茂から (新書の帯より)

続きを読む "麻生外務大臣の新書"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

捨てられない「モノ」?

■ほとほと、梅雨バテしてる。つい先日、パソコンを買い換えた。それまでのは、もう、5年近く使った、OSがMeというパソコンだったので。。。

今度のは、同じノートだが、VISTAであるし、無線LANにして、テレビも見れる。随分、快適になった。

ただ、前のパソコンには、思い出がある。友人が留学にいったので、その代りに、祇園で、バイトをして買ったもので、あのパソコンで、論文を書いた。なかなか、捨てられないでいたが、もう使わないので、供養して、廃棄することにする。

みなさんの捨てられないモノは、なんですか。

続きを読む "捨てられない「モノ」?"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年7月 3日 (火)

久間発言と大臣辞任

■まさか、辞任になるとは、思っていなかった。これもやむ得ないのか。。。

「しょうがない」久間氏、辞任会見でも連発

防衛省の初代大臣に就任して半年足らず。原爆投下についての「しょうがない」発言で、久間防衛相が引責辞任に追い込まれた。3日夕、省内で開かれた記者会見でも、無念さをにじませながら、「しょうがない」を繰り返した。

 被爆地からは批判が収まらず、選挙戦に事実上突入している参院選の各候補の陣営では、様々な思惑が交錯した。

 午後4時30分、100人を超える報道陣が待ち構える防衛省11階の第一省議室に姿を見せた久間防衛相は、冒頭、問題の「しょうがない発言」について「不用意な発言だった。被爆者などの方々の心情を思うと大変申し訳なかった」と陳謝した。さらに「原爆投下を是認しているわけではない」と述べ、「(問題の発言をした)当日も『断じてあってはならないことだ』と何度も繰り返している」とも強調した。

 しかし、その後の質疑では、「九州弁でしょうがないというのが口癖で、すぐに出るんですよ」「今さらアメリカをうらんでもしょうがないでしょう」などと「しょうがない」を連発。辞任を決めた理由として「選挙で足を引っ張ることがあっては大変申し訳ない」と説明し、参院選への影響を聞かれると、「分かりませんねえ」とかわした。

 今年1月に念願の省昇格を果たし、初代防衛相となった久間氏。その直後にもイラク戦争について「(開戦は)判断が間違っていた」と述べるなど、発言がたびたび物議を醸してきた。「やっぱり私は語彙(ごい)が少ないんですよね。もう少しきちんと言葉を選びながら言うべきだったのかな。その点で誤解されていたことが多かった」と振り返った。

 トップの突然の辞任表明に、ある空自幹部は、問題の発言に関して「日本人にとって敏感なテーマ。大臣ならばもっと注意すべきだった」としながらも、「言うべき事はちゃんと言う人。現場の制服組としては頼もしく感じていた」と残念がった。一方、陸自幹部は「いずれこういう事態になるのは予想していた」と淡々とした表情。「参院選が終われば交代するとうわさされていたので、それほど驚きはない」と語った。

 一方、後任に国家安全保障担当の小池百合子・首相補佐官が決まったことについては、空自幹部は「安全保障の仕事をされていたので、『なるほど』という人事。防衛省や自衛隊のイメージアップになるのでは」と期待を込める。

 ただ、防衛庁時代も含めて初の女性トップに、別の幹部からは「男社会の自衛隊ではやりづらいのでは」との声も出た。

(2007年7月3日23時0分  読売新聞)

続きを読む "久間発言と大臣辞任"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »