« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

歴史認識問題(2)日米

■本来ならば、(2)は、日中にする予定であったが、またも、この大臣の不適切と思われる発言である。

米の原爆投下「しょうがない」=ソ連参戦防ぐため=久間防衛相

6月30日13時2分配信 時事通信

 久間章生防衛相は30日午前、千葉県柏市の麗澤大学で講演し、米国の広島、長崎への原子爆弾投下が日本の無条件降伏につながり、ソ連の北海道侵略・占領を防いだと指摘した上で「(原爆で)本当に無数の人が悲惨な目に遭ったが、あれで戦争が終わったんだという頭の整理で今しょうがないなと思っている」と述べた。
 久間氏は長崎県出身。原爆投下を一定評価した発言ともとれるだけに、波紋を広げそうだ。
 久間氏は当時の戦況について「(米国は)日本が負けると分かっているのに、あえて原子爆弾を広島と長崎に落とした。そこまでやったら日本も降参し、ソ連の参戦を止めることができるということだった」と説明した。 以下、略・・・

続きを読む "歴史認識問題(2)日米"

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2007年6月29日 (金)

宮澤元総理の逝去

■昭和の生き証人、大物政治家、宮沢喜一元総理が亡くなられた。心からご冥福をお祈りしたい。尚、詳しくは、雪斎殿さくら殿のエントリも参照してもらいたい。

宮沢元首相死去:戦後日本の「軽武装・経済優先」路線作る

 宮沢喜一元首相は、中曽根康弘元首相と並ぶ最後の「戦後政治の生き証人」だった。吉田茂、池田勇人両元首相の直系として、1951年のサンフランシスコ講和条約締結時の随員として参加。自他ともに認める「保守本流」の政治家として活躍し、91年首相に就任した。ただ、政治改革法案の取りまとめに失敗して非自民政権の樹立を許し、自民党一党支配による「55年体制」を終焉(しゅうえん)させるなど、政府手腕には疑問符も付きまとった。

 宮沢氏は池田蔵相(当時)に重用され、53年10月には「池田・ロバートソン」会談に補佐役として参加。戦後日本の「軽武装・経済優先」路線の基調を作り、憲法改正には一貫して慎重な立場を取り続けた。

 43歳の若さで経済企画庁長官として初入閣。以後、外相、官房長官、蔵相など歴代内閣で重要閣僚に就いた。しかし、早くから首相候補と目されながら、たどりつくまでの道のりは遠かった。70年代から80年代中ごろまで、自民党最大派閥のボスだった田中角栄元首相や、同じ派閥(宏池会)の先輩で田中氏の盟友、大平正芳元首相との折り合いが悪かったことが影響した。

 宮沢氏が通産相(当時)として合意に持ち込めなかった日米繊維交渉を、後任の田中氏が解決させたことも2人の亀裂を深くし、田中、大平両政権で閣僚に起用されることは一度もなかった。

 初入閣から首相就任までの年数は、最近では小泉純一郎氏13年、森喜朗氏17年、小渕恵三氏19年。安倍晋三現首相に至ってはわずか1年だが、宮沢氏は29年かかっている。「政争」が苦手で暇さえあれば英字新聞や洋書を読んでいた宮沢氏が、政権を射程に入れ始めたのは、大平氏の死去(80年)と田中氏の病気退場(85年)以後だった。

 しかし、72歳でようやく首相に就任したものの、実態は竹下派(当時)の「かいらい」政権。同派の権力闘争に翻弄(ほんろう)され続け、「自民党下野-細川非自民政権」に道を開く結果となった。自民単独政権に幕を引いた宮沢氏を当時、徳川幕府最後の「15代将軍慶喜」に例える政界関係者もいた。

 こうした中でも、宮沢氏は党内きっての親米派という自負に支えられていた。米国務副次官補だったクリストファー・ラフルアー氏(現駐マレーシア米大使)は女婿でもある。【中川佳昭】

毎日新聞 2007年6月29日 3時00分

続きを読む "宮澤元総理の逝去"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年6月26日 (火)

想像の共同体?右と左の奇妙な一致

■まず、お知らせです。エントリーとは、関係のない、特に、スパム、宣伝系のTB、コメントに関しては、管理人の判断で、削除させて頂きます。どうぞ、ご理解の上、今後も拙ブログをよろしくお願いいたします。

■ここに来て、再び、よく目にするようになった、ベネディクト・アンダーソン氏だが、彼の代表作、『想像の共同体』を下敷きにして、最近の右派・左派の言論、日本の右傾化について、漠然と考えていることを述べたい。

続きを読む "想像の共同体?右と左の奇妙な一致"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

日本の対外イメージ

■日本のソフト・パワー(魅力的に相手をひきつける力)、対外イメージは、どうなっているのだろうか。

「日米関係良好」が過去最高を記録・・・外務省の対日世論調査

外務省は25日、米国で実施した対日世論調査結果を発表した。

「日米関係は良好」と考える米国人の割合は、一般市民で67%、有識者86%でいずれも過去最高だった。

 調査は今年2~3月、米民間調査会社に委託し、18歳以上の市民1506人と有識者256人を対象に実施した。

 調査結果によると、「良好」は一般市民で昨年の調査から4ポイント、有識者で1ポイントそれぞれ増えた。「日本を信頼できる」も、一般市民74%、有識者では91%に達し、過去最高の高いレベルとなった

 また、有識者に「日本は国連安全保障理事会の常任理事国になるべきか」と質問したところ、52%が「そう思う」と答え、「思わない」の42%を上回った。

 一方、外務省が同時期に欧州連合(EU)の主要4か国(英、仏、独、伊)の有識者約1200人を対象に実施した調査でも、全体の86%が「日本は信頼できる」と回答。最も高かったイタリアでは96%に達した。ただ、「EUにとってこれから重要となる域外パートナー」を聞いたところ、<1>中国39%<2>米国27%<3>インド12%<4>日本9%――だった。

(2007年6月25日20時35分  読売新聞)

続きを読む "日本の対外イメージ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

慰安婦決議案採択への所感

■この件については、もうすでに、多くのブログで扱われている。管理人のリンク先にもある、雪斎殿SAKAKI殿もすでに、論じている。特に管理人がいうことは、もうないのだが、一言だけ、述べておこうと思う。

慰安婦決議案、26日に米下院外交委員で採決へ 「多数で採択」か

【ワシントン=山本秀也】米下院当局者は18日、慰安婦問題に関する対日非難決議案が、26日午前(日本時間同日深夜)、下院外交委員会(ラントス委員長)で採決されることを明らかにした。決議案の委員会採決は、提案議員らが当初見込んでいた5月の実施が先送りされていた。

 決議案の共同提案議員は18日現在、与野党で140議員に達した。ラントス委員長は16日、地元ロサンゼルスでの集会で決議案処理に触れ、「決議案は多数をもって採択されると予言しておきたい。本会議に持ち込むことも私の責任だと考える」と語っていた。

 日本側では決議案採択の阻止に向けた下院議員への説得工作を強める一方、さきに訪米した安倍晋三首相がラントス委員長、ペロシ下院議長らに対し、慰安婦問題に関する同情の気持ちを伝えていた。

続きを読む "慰安婦決議案採択への所感"

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2007年6月21日 (木)

集団的自衛権・再論

■最近は、UKロックにはまっている。大阪で夏に行われる、サマーソニックのトップランナーを務める、アークティック・モンキーズは、なかなかお勧めである。

そして、寝る前は、印象派のフォーレを聴くという変な音楽の趣味であるw

今夜は、嬉しい注文が届いた、レイモン・アロンの『Peace and War』が届いた。実は、管理人、この本、院生図書館で借りて、読んではいたものの、持っていなかった。これで、落ち着いて、メモ・書き込みしながら読める。

今日は、すでに、このブログをはじめた頃にエントリした、集団的自衛権について、改めて私見を述べる。もう、すでに読んでしまった人には、申し訳ないが、内容は、重複するところがある。

こちらが、以前のエントリである。(集団的自衛権をめぐる議論

続きを読む "集団的自衛権・再論"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

年金が参院選の争点に・・・

■ようやく、年金を収めはじめたので、個人的には、少しは実感がある。近頃の企業の退職金も、前払いで、自分で、増やすも減らすも運用してくださいというケースもあるようである。

若者の声の代弁ではないが、年金をおさめるより、自分で、資産運用した方がとも思う。

「年金制度改革が争点に」首相、記録漏れを謝罪

安倍首相は16日、遊説先の佐賀市で記者会見し、年金記録漏れ問題に関連し、「参院選では年金制度の仕組みについて、大きな争点になる」と述べ、年金制度の改革を参院選で積極的に訴える考えを示した。

 首相は「多くの方々が不安を持っている。こういう状況が生まれてしまったことは、私も政府の行政の長として大変申し訳ない」と改めて謝罪した。

さらに、「今までの社会保険庁には大きな問題があった。自民党は社保庁を廃止、解体し、信頼できる社保庁に変えることを選挙を通じて訴えたい」と述べ、年金記録漏れ問題で批判された社保庁の改革を前面に掲げる意向を明らかにした。

(2007年6月16日22時4分  読売新聞)

続きを読む "年金が参院選の争点に・・・"

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2007年6月16日 (土)

核兵器の有効性

■家族(祖母)の不幸から、なかなか更新できずにいた。時事ネタを殆どおいかけることが出来ていない。。。申し訳ない。

■今回も手抜きである。核兵器・武装については、何度かエントリしてきたが、アメリカのIRs学者の見解(肯定論)を紹介したあと、私見を述べたい。

又、最近、日本の核武装に関する書物もいくつか出ている。管理人は、それはそれで良いことだと思うが、少し、乱暴なものもある。(あくまでも管理人の主観であるが)

ただ、いろいろな議論に触れて、肯定/否定の2元論に帰結する前に、様々な可能性を考えておくことは、重要である。

続きを読む "核兵器の有効性"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

インドは中国を凌ぐのだろうか

■なにかとバタバタしていて、なかなか更新できずにいる。読み手の皆様には、本当に申し訳ない。あまり、更新が空くのも、機会を失ってしまいそうなので、メモ代わりでも何か書いておこうと思う。

今日は、帰りにようやく、麻生外相の『とてつもない日本』『自由と繁栄の弧』を購入して帰ってきた。まだ、読んでいないが、また、感想をエントリする。

あと、リンキンパークのサード・アルバムと、デジタリズムも購入した。早速、聴いてみたが、リンキンに関しては、レイジなどを手がけた、ルービンとマイク・シノダのプロデゥ~スで、より、生音らしくなっているが、管理人としては、リンキンは、セカンドアルバムのようなメロディアスな方があっていると思うが・・・。ザックは、どこに・・・。

■今回も、手抜きで申し訳ないが、CFR(アメリカ外交評議会)の On Line debateから、要点を抜き出し、私見を述べる。

続きを読む "インドは中国を凌ぐのだろうか"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

Zum ewigen Friden

■まず、前松岡大臣の死は、あらゆる意味で、残念にならない。心からお悔やみ申し上げたい。

■管理人といえば、首を寝違えて、数日、痛い思いをしている。ここ数日、古典をペラペラとめくっていたのだが、その中で、政治的リベラリズムの思想的側面である、イマニエル・カントの『永遠平和のために』を、多少ロジカルに大雑把に簡単にエントリしておく。(備考録です)

ただ、管理人、哲学や思想関係は、疎いし、カントに詳しいわけでもないので、間違いが多々あると思うが。。。

続きを読む "Zum ewigen Friden"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »