« ブログペットの紹介 | トップページ | Japan Is Back »

2007年4月24日 (火)

時計の誕生

■フランス大統領選は、サルコジ候補、ロワイヤル候補の決戦投票になった。

又、日本の参議院補選、統一地方選も終わり、関係者の方は、お疲れだと思う。こちらは、こちらで、お疲れだが・・・。

補選に関しては、沖縄での勝利による1勝1敗は、自民党・与党にとっては、大きいのではないだろうか。福島は、もともと民主党が極めて強く、崩すのは、容易ではない。

■今日は、選挙のコメントでなく、最近、腕時計が古くなったので、新しいのを購入しようかと思っている。みなさんは、どのような腕時計をしているだろうか。

正直、管理人、社会人になるまでは、腕時計はしていなかった。携帯がその代わりをしてくれたので、必要なかったのだ。それゆえ、ろくな時計はもっていない。

もし、読み手の皆様で、お薦めがあれば、教えてもらいたい。が、そんなにお金、持ってませんので・・・(汗)

■今日は、軽めのエントリーである。少しヒストリカルな時計の誕生を考えてみたい。

時空間の概念は、これまでの著名な哲学者によって、何度も、考えられ、それぞれの概念が提示されてきた。哲学には、詳しくないので、コメントできないが。

そこで、歴史的に考えてみたい。

■紀元前2000頃には、古代エジプトでは、日時計と水時計があったことが、確認されている。日時計とは、太陽の光に対する影の長さで計られるものをいう。水時計とは、小さな穴を開けたツボに、水を入れて、その減り具合で、計るものである。主に、夜用である。(砂時計というのも、同様の形態であったそうだが)

少なくとも、原始、人間は、太陽の満ち欠けに応じた生活をし、それに伴った時の概念を持っていたようである。

その後、14世紀には、機械時計が作られ、大航海時代には、航海に即したより正確な時計が発明されている。また、その後、産業革命以降の鉄道の発達が、ローカルな時間をより、広範囲に共有させるに至ったのだろう。

■グーテンベルクの活版印刷、つまり文字媒体が、地域統合化(ローカル化)に寄与したとするならば、必要性から生まれた時計であっても、それは、地域(ローカル)を地域を結ぶ(共有)される媒体として機能したのだろう。もっと言えば、世界標準時間などは、世界的な共有(画一化)になるだろうか。

それでも、古代にせよ、中世にせよ、近代にせよ、時計とは、一部の専門人は、除いて、概ね、朝、起き、昼、働き、夜、寝るというライフスタイルのパターンは、普遍的であっただろう。管理人も今でもこのような生活だが、基本的には、夜型生活が長かったし、現代という時代は、多様化というものが、グローバル化という中で、せっせと作られる。そして、それを可能にする、テクノロジーも発達している。つまり、あらゆる意味での「時差」を認識しなければいけない。

■ここで、思考を転換して、逆説的な見解をあえて、提示してみたい。時計や時の概念とは、我々が、太陽の動きに合わせて生活するために発達した側面より、太陽の動きとは、異なる(反した)生活・用途につまり、一定のパターンの乖離や差異こそが、その発達の源泉的なところではないだろうか。

グダグダ書きましたが、スタイリッシュで、リーズナブルな時計、探してます。

|

« ブログペットの紹介 | トップページ | Japan Is Back »

「コラム・日記」カテゴリの記事

コメント

どうもです。
携帯電話を所持するようになってからウデ時計は机の奥に眠っていますよ・・。
嫁からのプレゼントだったのですが、もう10年使いました。じいちゃんの形見でぜんまいの腕時計もありましたが、さすがに動かないです。
今は電波時計機能のある製品が流行ですかね。

投稿: SAKAKI | 2007年4月25日 (水) 12時08分

SAKAKI様

コメントありがとうございます。

そうなんですよね。携帯電話があるので、腕時計は、その機能としては、殆ど使わないでしょうね。

ただ、つけてみたい、持ってみたいっていうだけなんですw
特に、高価な物もいりませんし。

私も、父が買ってくれた腕時計があります。大学受験のテストを受けるのに、時計も持ってなかったんですねw

それで、父が、急いで、買ってきてくれた腕時計です。
その時、以来、使ってませんし、今では、もう動きません。でも何故か、捨てれないですね。

コメントありがとうございました。

投稿: forrestal | 2007年4月25日 (水) 14時55分

はじめまして^^

腕時計、仕事のときには必ずしています。
レッスン中、携帯をパカパカするのは、相手にとって失礼なのではないか、と思い、何気なく見れる腕時計で、時刻確認してます。
父は、電波時計、持ってますけど、あれ、高いんですよね。だから、σ(-_-)ワタシは、普通のアナログです><。
それでも、仕事中は、時間を見るのは、気を使います・・・・

投稿: さら | 2007年5月27日 (日) 11時55分

さら様

はじめまして、このようなつまらないブログにコメント下さり、ありがとうございます。

そうですね。相手がいる時に、携帯では、失礼ですね。
打ち合わせや、会議のときなどは。

レッスン・・・何かの先生なんでしょうか。

実は、もう、安物なんですが、オメガの時計を買いましたw

これからも気楽にコメントくださいね^^

投稿: forrestal | 2007年5月28日 (月) 02時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/179808/6192534

この記事へのトラックバック一覧です: 時計の誕生:

« ブログペットの紹介 | トップページ | Japan Is Back »