« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

金曜日の夜中の討論?

■週末ということもあって、軽めのエントリである。昨日(正確には、今日だが)、久しぶりに『朝まで生テレビ』を見る。以前にもエントリした通り、日中同時中継という画期的な試みであった。その感想を述べたい。ちなみに以下のような企画もあったようである。

日中両国民、心を開いて互いの理解を深めよう (2007/03/30 18:04:59)

【北京29日新華網】 29日、中国と日本の専門家や学者、メディア関係者が北京と東京から意見を交わす「中日インターネット対話」が開かれた。参加者は、両国国民の生活や文化、考え方の違いを学び、心を開いて互いを理解することで日中間の友好を深めよう、と語り合った。

中国でも人気のアニメ「一休さん」の脚本家、法政大学教授の福田敏彦氏は、これまで中国各地を旅してきた。「日本人と中国人は、外見も漢字を使う文化も米や麺を食べる習慣も似ているが、感情表現や行動が大きく違う。違いを尊重することが相互理解につながる」。日本語紙「人民中国」の編集長・王衆一氏は長年、両国文化の研究を続けている。「両国の交流におけるメディアの役割は非常に大きい。相手の真実の一面を正しく伝えることで、正しい理解が生まれる」。日本と中国は隣国だが、一般の国民の間では、互いに対する理解が浅いのが現状だ。以下、略・・・(新華通信)

続きを読む "金曜日の夜中の討論?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月29日 (木)

ゲーム的リアリズム

■まず、管理変更のお知らせです。あまりにスパムTBが多いため、TBは、承認制に致しました。画像への表示が遅れると思いますが、ご了承ほど、よろしくお願いします。

■今日は、仕事帰りに『ゲーム的リアリズムの誕生』という新書を買って、帰ってきました。まだ、読んでませんが・・・。

一見、ゲーム理論や国際関係論のリアリズムかと思うけど、この本、ご存知の通り、オタクから見た日本社会や、オタク文化論の本です。東浩紀氏の前作『動物化するポストモダン』の続編である。

続きを読む "ゲーム的リアリズム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月27日 (火)

同盟(alliance)について

■最近は、ベートーヴェンを聴く気力の無いほど、疲弊しております。やじゅんさんではないですが、健康には、気を配らないといけない歳になったものです。管理人の場合、花粉症で、病院に毎年、行ってますが・・・。あとお酒とコーヒーが飲めません。正確には、飲めるのですが、飲みたくないのですねw

平成の清沢洌たる雪斎さんが、「親米ポチ」と評価されるなら、管理人などは、「親米マウス」だろうか。マウスに失礼だぞと突っ込まれそうなので、先に、謝ります。ごめんなさい、マウスさんw(雪斎さんも、仰られている通り、他人のこのような評価をいちいち気にしていたら、やっていけないが・・・)

■今後、日米同盟について、論じていきたいと考えているので、その前段階として、まず、同盟とはなにかということについて、そんなこともう知っているよ思うだろうが、多少、教科書的にエントリしておく。

続きを読む "同盟(alliance)について"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年3月25日 (日)

日米は互いに何を学ぶべきか

■まず、はじめに、更新が一週間以上、空いてしまいました。読み手の皆様、申し訳ありません。なんだか、この時期、バタバタ、忙しくしております。この週も忙しくなりそうで、更新も、しばらく、不定期になりますが、何卒、ご了承くださいませ。どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。

■今週もいろいろあった一週間ですが、管理人にとって、一番印象深いのは、作家、城山三郎さんの死去である。心からのご冥福を祈りたい。

このエントリーのタイトル『日米は互いに何を学ぶべきか』は、日本・東アジア研究で極めて著名なエズラ・F・ヴォーゲル氏(参照)と城山三郎氏との対談集のタイトルである。

続きを読む "日米は互いに何を学ぶべきか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

ポリティカル・ポジション

■ご連絡ですが、プロフィールをほんの少し、追加してあります。又、メールでのコンタクトも可能にしました。もし、管理人に、直接、コンタクトを取りたい方は、ぜひ、お使いください。

■管理人は、「右派」「左派」のカテゴライズもラベリングもあまり気にしない。というよりあまり興味がない。どちらでもよいし、どちらでなくてもよい。

ただ、まあ遊びとして、自分がどのような位置にカテゴライズされるのかを知るのも、自分を理解・分析する上では、意味があるかもしれない。

みなさんもお時間に余裕があれば、試してみたら、おもしろいかもしれない。

リンクと管理人の結果は、以下である。

あと、若干、「拉致問題」、「従軍慰安婦」についてコメントしたい。

続きを読む "ポリティカル・ポジション"

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2007年3月12日 (月)

日中の新時代?

■台頭する中国、日中は、戦略的互恵関係を構築できるだろうか。

中国首相、来日時にTV出演へ・・・日本国民と直接対話

中国の温家宝首相が4月中旬に来日する際、日本国民と直接対話するタウンミーティング形式のテレビ番組に出演する方向で最終調整している。政府筋が10日、明らかにした。温首相が強く希望したもので、日中両政府がテレビ局側に生放送の番組出演を打診している。

 中国の指導者による日本のテレビ番組出演としては、2000年10月に朱鎔基首相(当時)が来日した際、TBS番組で約100人と対話した例がある。

 温首相は、長年着古したコート姿で地方の農村視察を繰り返すなどで、「庶民派」(外務省幹部)として知られる。来日時には、日本国民に直接語りかけることで、対中世論の改善を図る狙いがあるようだ。

 また、温首相は中国首相として初の国会演説を行う方向で調整している。

 日本側も、こうした取り組みを後押ししている。

(2007年3月11日12時16分  読売新聞)

続きを読む "日中の新時代?"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007年3月11日 (日)

平和について考える

■休日、ボーとしてましたw 出かけようと思ったのだが、とにかく、風は、きついし寒い。又、今週も寒くなるそうだ。こう、天気がおかしいと、アル・ゴア氏の『不都合な真実』でも、買って読もうかと思うが、こういうことは、専門家に任せる。ただ、この元になる報告、2酸化炭素(CO2)と温暖化(異常気象)の関連性など、専門家同士でも賛否両論あるようである。例えば、人間の活動(CO2排出)の要因が大きいとされているわけだが、この温暖化は、気象学・歴史学的に、ある一定の環境周期のパターンであるというような対立である。(詳しくはわからないが・・・)

国際関係論でも、グローバル・イシューである、環境問題を取り入れたものは、人気である。(EUなどは、その狡猾さを感じるが。。。)

例えば、地球環境政治学 このあたりが、先駆けであろう。もう14年も前だが。

続きを読む "平和について考える"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 9日 (金)

日朝関係の今後

■ニューヨークで行われた米朝協議についで、ハノイで行われていた日朝協議も終了した。

日朝、次回、日程決まらず、拉致問題で、平行線

2007年03月09日02時46分(朝日新聞)

 日朝国交正常化に向けた6者協議の作業部会は8日、2日間の日程を終えたが、次回の日程を決められず、北京の大使館ルートを通じて調整することになった。北朝鮮の反発による中断を挟んだ2日間を通じて日本は「拉致問題の解決が国交正常化の前提」と訴えたが、北朝鮮は「絶対に受け入れられない」と拒否し、「拉致は解決済み」との従来の姿勢を変えなかった。

 日本代表の原口幸市・日朝国交正常化交渉担当大使は協議終了後に記者会見し、「最低限、互いの立場を直接確認しあったこと自体には一定の意味があった」と述べたが、具体的な成果が得られなかったことは「遺憾だ」と語った。

 日本が拉致被害者・家族の早期帰還などを強く求めたのに対し、北朝鮮は、日本が発動した経済制裁の解除や、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)への弾圧中止、日本が横田めぐみさんのものとは別人と鑑定した遺骨の返還、脱北者支援のNGO団体関係者の引き渡しなどを求めた。

 北朝鮮代表の宋日昊(ソン・イルホ)・朝日国交正常化交渉担当大使は記者会見で「拉致問題は我々はすべてやった。今度は日本が動く時だ」と指摘。一方で、制裁が解除されれば「過程を見て(拉致問題の再調査を)考慮する」と含みをもたせた。

 国交正常化をめぐっては、日本が02年の日朝平壌宣言に基づき、請求権を相互に放棄した経済協力方式による一括解決を確認しようとしたが、北朝鮮は別途「過去の清算」を要求。会見でも宋代表は「強制連行など特大型の反人倫犯罪については、経済協力と別個に計算されなければならない」と主張した。引用おわり

続きを読む "日朝関係の今後"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年3月 5日 (月)

歴史認識問題(1) 日韓

■安倍総理のこの度の発言は今後、どう転回するのだろうか。

安倍首相 「慰安婦強制性、証拠ない」 韓国外相が不快感

2007年03月03日10時59分

 韓国の宋旻淳(ソン・ミンスン)外交通商相は2日、安倍首相が旧日本軍の従軍慰安婦問題で「(軍の強制連行への直接関与など)強制性を裏付ける証拠がなかったのは事実」と発言したことについて「これらの発言は、健全で未来志向の日韓関係を築く共通の努力の助けにならない」と述べ、不快感を示した。ワシントンで講演した際、質疑応答で語った。

 安倍首相は1日、軍当局の関与と「強制性」を認めた93年の「河野官房長官談話」に関連して「強制性を裏付ける証拠がなかったのは事実ではないか。定義が変わったことを前提に考えなければならない」と官邸で記者団に語った。

 この発言に対し、宋氏は「どこにいようと何をしていようと、正面から真実に向き合い、人類の普遍的価値を尊重しなければならない」と語った。以下、略・・・

続きを読む "歴史認識問題(1) 日韓"

| | コメント (12) | トラックバック (3)

2007年3月 3日 (土)

コメント・TBについて(2)

■いつも、私のつまらないブログを拝見、拝読されているブロガー、読者の皆様へ、ありがとうございます。

ここのところ、スパム・トラックバックが増えております。

コメントに関してましても、同様です。

残念ではあるのですが、コメントは、メールアドレスの記載を必要とさせて頂きます。

何卒、ご了承のほど、よろしくお願い致します。

ただ、管理人の皆様との有意義な意見交換をしたいという考えは、変わりませんので、

気軽にコメント頂けると、幸いです。

ところで、ヒッキーに昨日、少し触れたが、離婚されたそうだ。管理人は、独身だが、結婚生活を保つことは、難しいみたい。

個人的には、妻夫木くんが、早く、柴崎コウちゃんと別れるのを待っている(笑)

それでは、ゆっくりと楽しい、週末をお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

外交戦略という言葉

■テンプレートをいろいろ変えて、申し訳ない。しばらくは、これでいこうと思う。結構、優柔不断である。

仕事帰りに、CDショップによって、さんざん迷ったあげく、あゆのベストを買ってしまった。。。特別ファンというわけではないが、なんか、こうベスト版って、御得な気がしてしまう。帰ってきて、ミュージック・ステーションをみたら、あゆとヒッキーが出てた。どうみても、ヒッキーの方がいい。個人的には、アンジェラ・アキさんのファンだったり、女優さんなら、中谷美紀さんのファンだったりするんだけど。

■今日は、少しハロルド・ニコルソンの概念を参考に’外交戦略’という言葉の意味について考えたい。(今日は、走り書き、備考録です)

続きを読む "外交戦略という言葉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

NATOの東方拡大論再考

■まず、2月は、更新頻度が落ちてしまった。その上、クオリティも落ちた気がする。読者の皆様には、申し訳ない。3月は、もう少しましになると思うのだが。。。

前のテンプレートは、あれはあれで気にいっていたが、雪斎さんHache様もテンプレートを一新され、又、3月に入ったこともあり、気分新たにと、管理人もテンプレートを替えてみた。正直、こういうセンスは、あまりない。ただ、読みやすく、前よりも少し明るめの印象のものを選んでみたつもりなんだが・・・。

カワセミ様のエントリ(ミサイル防衛とプーチン発言)を受けて、以前のブログでも、記事にしたことがあるのだが、11年前のアメリカで、行われたNATOの東方拡大論争を踏まえて、現状の分析にあたりたい。

続きを読む "NATOの東方拡大論再考"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »