« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月28日 (水)

日本版NSCに対する雑感

■日本版NSCの構図が、見えてきたようである。

日本版NSC 首相と3閣僚の少人数 来春の発足目指す
2007年02月28日00時13分 (朝日新聞)

 政府の「国家安全保障に関する官邸機能強化会議」(議長・安倍首相)は27日、外交・安全保障戦略構築のための国家安全保障会議(JNSC)創設を柱とする報告書をまとめた。JNSC創設は首相が掲げる官邸機能強化策の一環で、少人数の閣僚で迅速な政策判断を可能にするのが狙い。また、安保関連の秘密漏洩(ろうえい)に対する厳罰化を盛り込んだ早期の秘密保護法制定も提言した。

 政府は今国会に安全保障会議設置法改正案などの関連法案を提出し、来年4月のJNSC発足を目指す。28日には、情報機能強化検討会議(議長・塩崎官房長官)がJNSCへの情報提供ルールなどを定めた報告書をまとめる予定だ。

 官邸機能強化会議の報告書では、現行の安保会議を改組し、首相と官房長官、外相、防衛相による少人数会議を新設する。当初、検討された財務相は除外された。会議では、外交・安保戦略や武力攻撃事態などへの対処方針などを協議し、協議結果は閣議決定を経て、政府方針とする。

 少人数会議には常設の国家安全保障問題担当の首相補佐官を出席させ、必要に応じ関係閣僚や自衛隊の統合幕僚長も参加。防衛計画大綱などの議論のため、現行の安保会議の枠組みは残す。

 JNSC事務局には、現職自衛官や民間専門家らも含めて10~20人の専任スタッフを配置。事務局長は首相補佐官の兼務も可能で、外政、安保・危機管理担当の官房副長官補2人が事務局次長を兼務する。以下、略・・・

続きを読む "日本版NSCに対する雑感"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月26日 (月)

米韓同盟の行方

■韓国は、より自主防衛ラインを強化するしかないのか。。。

 戦時作戦統制権、2012年の韓国移譲で合意・・・米韓

【ワシントン=五十嵐文】ゲーツ米国防長官と韓国の金章洙(キム・ジャンス)国防相が23日、ワシントン近郊の国防総省で会談し、在韓米軍司令官が持つ韓国軍に対する戦時の作戦統制権を、2012年4月17日から韓国側に移譲することで合意した。

 戦時作戦統制権の返還は、「国防の自主化」を掲げる盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権が要求してきた。米側も、在韓米軍の負担が軽減され、より戦略的な展開が可能になるとして返還に同意する一方、韓国が主張していた2012年より3年早い2009年の返還を逆提案し、交渉が続いていた。

 韓国では保守派を中心に、早期の返還は米韓同盟の弱体化の印象を与え、北朝鮮政策にも悪影響を及ぼしかねないとして早期返還に反対論が強く、最終的に米側が韓国の主張に歩み寄った。

 米側は、在韓米軍駐留経費の韓国側負担率を現在の38%から引き上げるよう求めており、今回の“譲歩”と引き換えに駐留経費増額の圧力が強まるとの見方も出ている。

 戦時作戦統制権の返還に伴い、米韓連合司令部は解体される。以下、略・・・

(読売新聞)

続きを読む "米韓同盟の行方"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年2月22日 (木)

彷徨うナショナル・アイデンティ

■この16日に、CSISから、アーミテージ・ナイ・レポートが出された。本来ならば、そのペーパーの重要な部分について、訳して紹介したいのだが、実は、管理人、まだ、さっと目を通しただけなのである。

このペーパーについては、是非、みなさんに読んでもらいたいし、又、随時、エントリしていく予定である。

今回は、JIIA(日本国際問題研究所)が刊行している『国際問題』1月、2月合併合から、佐々木毅先生のエッセイをもとに、少し管理人の考えをエントリしたい。

続きを読む "彷徨うナショナル・アイデンティ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月19日 (月)

コミュニケーション

■コミュニケーションが大切である、不足しているとは、よく言われることだが、コミュニケーションとは、なんだろうか。

社会学者N.ルーマンは、自らの社会システム論の構成単位をコミュニケーションであると言った。

管理人も、UPDATEな研究まで、フォローしていないので、ルーマンのコミュニケーション論から、いろいろ思うことを述べようと思う。

(管理人は、ルーマンが好きである。ちなみに、ルーマンと論争したハーバーマスには、君のドイツ語は、英語に聞こえると言われました・・・涙)

続きを読む "コミュニケーション"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

2007 6カ国協議(1)・続

■難航していた、協議が合意に至ったようである。(前回の続きです)

 6カ国協議:北朝鮮核停止で合意 見返り重油5万トン

【北京・堀山明子】6カ国協議は13日午後、北朝鮮核廃棄に向けた「共同声明(05年9月)の履行への初期段階措置」について合意文書を採択し、6日間の協議を閉幕した。文書には、北朝鮮が取るべき初期段階措置を2段階に分け、(1)寧辺(ニョンビョン)の実験用原子炉など核施設を60日以内に閉鎖すれば、参加国は重油5万トン相当のエネルギーを提供(2)核施設を再稼動できない状態に「無能力化」すれば、重油100万トン相当(5万トンも含む)のエネルギーや人道支援を提供することが確認され、非核化への行動計画が具体化した。日朝関係正常化など五つの作業部会は30日以内に開催することでも一致し、拉致問題を含む日朝正常化交渉が6カ国協議の枠組みで制度化されることになる。

 次回6カ国協議は3月19日に開かれる。

 合意文書によると、60日以内に北朝鮮がやるべき措置は(1)実験用原子炉やプルトニウム再処理施設などを含む核施設を閉鎖・封印し(2)国際原子力機関(IAEA)の査察官を復帰させ(3)すべての核計画の目録を示し、参加国と協議を行う。

 北朝鮮への見返りは、重油5万トン相当の支援のほか、米国は(1)テロ支援国家指定の解除(2)北朝鮮との貿易を規制した敵国通商法を終了--へ向けた作業を開始することにした。

 エネルギー支援の費用分担については、別途文書で「平等原則」が確認されたが、日本については「(拉致問題の)懸案解決後、参加を期待する」と述べるにとどまった。佐々江賢一郎外務省アジア大洋州局長は13日、「完全な非核化に向けた大きな一歩を歩み出した」と合意文書を評価する一方、エネルギー支援については「当面参加できない」と語った。

 また、閉鎖の次の措置として北朝鮮は、使用後の核燃料棒から抽出したプルトニウムを含むすべての核計画を申告し、原子炉やプルトニウム再処理施設を無能力化させるとした。

 作業部会は(1)朝鮮半島非核化(2)米朝関係正常化(3)日朝関係正常化(4)経済・エネルギー協力(5)北東アジア平和安保体制の五つ。非核化部会は中国、エネルギー協力部会は韓国、平和安保体制部会はロシアが議長を務める。

 初期段階措置は、昨年10月の北朝鮮核実験を踏まえ、核兵器増産につながる核施設の稼動中止を最優先課題として交渉した。しかし、現存する核兵器の廃棄については言及がなかった。 以下略・・・(毎日新聞)

続きを読む "2007 6カ国協議(1)・続"

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2007年2月11日 (日)

2007 6カ国協議(1)

■今月8日から、北京にて、今年、初の6カ国協議が行われている。

中国は、個別作業部会の設置など、北朝鮮の核廃棄に向けた、共同声明文を出したいだろう。

主なポイントは、米朝のディール(取引き)になっているが、なかなか難航している。

現在も協議は、進行中のため(今協議が終われば、又、エントリする予定だが)、協議前のCFRの分析を少し紹介しておく。

続きを読む "2007 6カ国協議(1)"

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007年2月 7日 (水)

アメリカ:「アフリカ軍」の新設

■国務省内の再編に次いで、国防総省(ペンタゴン)でも、再編である。

ブッシュ大統領:アフリカ軍の設置発表 6番目の統合軍

 【ワシントン及川正也】ブッシュ米大統領は6日、新たな地域統合軍としてエジプトを除くアフリカ大陸を管轄する「アフリカ軍」を設置すると発表した。6番目の地域統合軍で08年9月までに運用を開始する。国際テロ組織アルカイダが拠点化を狙ったソマリアや、ダルフール紛争など不安定なアフリカ情勢に対応する狙いがある。

 大統領は声明で「アフリカとの安全保障協力を強化するものだ」と指摘、アフリカを重視するブッシュ政権の姿勢を強調した。国防総省によると、任務は主に人道支援、災害救援、危機対応などで、司令部もアフリカに置く方針。

 米軍は現在、全世界を地域ごとに5ブロックに分割し、▽北方軍(北米)▽南方軍(中南米)▽太平洋軍(アジア、太平洋、インド洋、アフリカの一部)▽欧州軍(欧州、ロシア、アフリカの大半)▽中東軍(中東、中央アジア、アフリカの一部)--の5地域統合軍を持つ。統合軍の再編は、同時多発テロを受けて北方軍が新設された02年以来の大規模再編となる。

 アフリカ軍は、これまで中東軍、欧州軍、太平洋軍が担当していたアフリカ地域を一手に引き受けるが、エジプトは中東軍が引き続きカバーし、周辺の島も担当外となる。海外に司令部を置く統合軍は欧州軍(ドイツ)に次いで2番目。

毎日新聞 2007年2月7日 11時23分 (最終更新時間 2月7日 12時19分)

続きを読む "アメリカ:「アフリカ軍」の新設"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年2月 4日 (日)

コメント・TBについて

■いつも、私のつまらないブログを拝見、拝読されているブロガー、読者の皆様へ、ありがとうございます。

コメントに関してましては、一時、スパム業者らしいコメントがあったのですが、メールアドレスの記載を外しております。

ぜひ、皆様方と有意義な意見の交換ができればと思っております。気軽にコメントしてくださいね。

又、スパム業者などからの、嫌がらせコメントがくれば、メールアドレス記載など、対策を考えます。しばらくは、様子を見ようと思っています。

TBに関しましても、現状、何の規制もかけておりません。こちらも様子を見ます。

又、管理変更がございましたら、ご連絡するつもりでおります。

今後とも、どうぞ、よろしくお願いします。

続きを読む "コメント・TBについて"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »