« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月29日 (月)

最近の安倍内閣雑感

■安倍内閣が発足して、数ヶ月が経つ。またもかという・・・失言である。

柳沢発言:柳沢厚労相 謝罪したが辞任を否定 代表質問で

 衆院は29日の本会議で、安倍晋三首相の施政方針演説など政府4演説に対する各党の代表質問が始まり、柳沢伯夫厚生労働相は自らが「女性は産む機械」などと発言した問題で「女性の方々を傷つける不適切な表現を用いた。国民、特に女性に申し訳ないと存じ、改めて深くおわび申し上げる」と謝罪した。さらに「「安倍内閣の下で少子化対策のために全力を挙げて取り組んでいく」と述べ、辞任する考えのないことを明らかにした。民主党の松本剛明政調会長の質問に答えた。

 柳沢氏は本会議前、安倍首相や塩崎恭久官房長官に電話で釈明。首相は「このような不適切な発言がないように」と厳重注意したという。

 塩崎官房長官は記者会見で「不適切だったと私も思うが、(発言後)直ちに訂正している。結果を政策で出していくことが大事だ」と辞任の必要はないとの認識を示し、首相も同日夜、記者団に同様の考えを語った。

 これに対し、民主党の小沢一郎代表は本会議後の記者会見で「どのように釈明しても、それで済む話ではない。自ら判断すべきだ」と述べ、自発的な辞任を促した。

 また、代表質問で松本氏は、久間章生防衛相が米国のイラク開戦を「判断が間違っていた」と批判したことについて「良心に基づく率直な感想だ。そこまで言うのであれば、誤りを認めて政策を改めるべきだ」と指摘。久間氏は「当時、閣外にあって感想として述べたもの。防衛相として政府の立場を支持、踏襲している」と弁明した。以下略・・・

 毎日新聞 2007年1月29日 20時43分 (最終更新時間 1月29日 21時51分)

続きを読む "最近の安倍内閣雑感"

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2007年1月26日 (金)

2つの施政演説

■今週は、バタバタしていたり、体調が優れなかったりで、ブログ更新が、停滞してしまった。なかなか、ブログと言えど、続けていくのは、大変である。

今週をさっと、概観して、印象深い出来事に、少しコメントしたいと思う。

一つは、1月23日に行われたアメリカのジョージ・W・ブッシュ大統領の一般教書演説である。こちらは、もうすでに、多くの論者がコメントしているので、管理人の出る幕は、殆どない。

もう一つは、1月26日、日本の国会開幕、冒頭で、安倍総理が述べた施政方針演説である。

尚、今回は、この2つを比較するものではない。

続きを読む "2つの施政演説"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

核危機への対応

■非常におもしろく、アクチュアルな文献なので、もし、興味のある方は、Amazon.comのUsedか、大学生・院生ならば、図書館で読んでもらえたらと思う。

「Hawks, Doves, and Owls: An Agenda for Avoiding Nuclear War」

Graham T. Allison, Albert Carnesale, Joseph S. Nye (Editor)

W W Norton & Co Inc (April 1986)

世界が核戦争へ最も接近した時、ジョン・F・ケネディ政権時(1962年)のキューバ・ミサイル危機への対応を理論的に分析した本である。

良書である。アメリカでは、新書ぐらいの値段で、古本だが、購入できるが・・・。

続きを読む "核危機への対応"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

在日米軍再編問題

■防衛庁から省に昇格して、10日ばかりが経った。防衛省にとって、最初の大きな課題は、在日米軍再編問題であろう。もちろん、これは、安倍政権にとって、重要な課題である。

昨年の沖縄県知事選で勝利した、自民党公認の仲井真氏との協議も行われている。

沖縄知事 「政府案基本に実現へ努力」 普天間協議会
2007年01月19日13時02分(朝日新聞)

 在日米軍再編に伴う普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設をめぐる政府と地元自治体による協議会の第3回会合が19日午前、首相官邸で開かれた。政府側が昨年5月に日米合意した「V字形滑走路案」がまとまった経緯を説明し、着工手順などを示したのに対し、沖縄県の仲井真弘多知事は「(政府と県が昨年5月にかわした『政府案を基本』とする)基本確認書をもとに、可能な限り早期に実現すべく今後とも努力する」と、前向きに協議を進めていく考えを強調した。

 終了後の記者会見で、仲井真氏は「あのあたり(政府案)を中心にまとまるなら、まとめるようにしないといけない」と述べ、政府案に一定の理解を示した。ただ、「環境などがあるので、少し今の現行案でない形が最低必要になってくると思う」として、微修正が必要との認識も示した。以下略・・・

続きを読む "在日米軍再編問題"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

東アジアサミットと日中韓

■フィリピンのセブ島で、行われていた東アジアサミットが閉幕した。

議長声明に「拉致」明記 東アジアサミットが閉幕

東南アジア諸国連合(ASEAN)と日本、中国などアジア、オセアニアの16カ国が参加する第2回東アジアサミットが15日、中部セブで開かれ、北朝鮮に拉致問題解決への取り組みを求める議長声明を発表し、閉幕した。「日本の拉致問題で北朝鮮を刺激したくない」とする韓国や中国、北朝鮮の友好国が多いASEANの会議が、「拉致」を明記した声明を出すのは極めて珍しい。

 議長声明は北朝鮮問題について「朝鮮半島の平和的方法による非核化は国際社会の重要目標」とし、北朝鮮に対し核実験の中止と、核廃棄をうたった05年9月の6者協議共同声明履行に向けた前進を求めた。拉致問題を、食糧不足や不十分な医療態勢とともに「国際社会の安全と人道上の懸念」と位置づけ、北朝鮮に対し「積極的に取り組むことを促す」とした。・・・以下略

2007年01月15日20時56分 (朝日新聞)

続きを読む "東アジアサミットと日中韓"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年1月14日 (日)

イラク新戦略

■イラク研究グループ(ISG)の提言を受け、ジョージ・W・ブッシュ大統領が、イラク新戦略をテレビ演説で、公表した。

米軍2万人増派 米大統領、イラク新戦略をテレビ演説

ブッシュ米大統領は10日夜(日本時間11日午前)、全米向けにテレビ演説し、宗派間抗争が内戦状態にまで悪化したイラクの現状は「許容できない」との認識を示した上で、「過ちがあった点については、私に責任がある。戦略を変えなければならないのは明らかだ」と述べ、新戦略を発表した。治安回復にあたるイラク軍・警察を支援する目的で、イラク駐留米軍(現兵力約13万人余り)について、首都バグダッドに1月から段階的に投入される米陸軍5個旅団をはじめ、計約2万1000人増派する。ベトナム戦争の再来との懸念も強まっているイラクで、最後の機会にかける形だ

大統領は、これまでバグダッドを安定させようとした努力が失敗したのは「米兵、イラク治安部隊ともテロ集団や反米勢力を掃討した後、その地域を維持できるだけの数がなかった。さらに、(イラクの国内政治的な理由からの)制約が多すぎた」ためだと分析し、こうした過ちを正し、効果のある新戦略を立てたと主張した。

ブッシュ政権高官によると、増派の具体的な内容としては、宗派間抗争が吹き荒れる首都バグダッドに米陸軍5個旅団約1万7000人を入れ、呼応する形でイラク側も陸軍3個旅団を増強する。市内9地区でイラク側が治安権限を持つが、支援のために各地区に米陸軍1個大隊が配属される。スンニ派の反米攻撃が続く西部アンバル州には、海兵隊2個大隊約4000人が増派され、国際テロ組織アルカイダとスンニ派住民の分断をはかる。

 一方、軍事面にとどまらない、政治的解決に向けた状況づくりのため、米軍と文民が一体となった形で治安維持と復興援助を同時並行的に進める紛争処理の手法である地域復興チーム(PRT)を7カ所から倍増、要員も増やす。約12億ドルの雇用増大計画など経済的な支援も約束。ライス国務長官が近くバグダッドの復興調整官を任命する。

以下、略・・・ (朝日新聞) 2007年1月11日 

続きを読む "イラク新戦略"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年1月13日 (土)

テーマ・ソング♪

何とあの大御所の方に、テーマソングを創っていただきました。感激です!

歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。 の ・・・みたいな。様からです。

正直、無理をいったので、大変、苦労されたと思います。

心から感謝を申し上げます。ありがとうございます。

みたいな。様の替え歌には、もはや、才能を感じずにはいられません。

ちなみに管理人こちらの姓名判断では、宇多田ヒカルさんと同じ運勢です。

収入は、天と地ほど、違いますが・・・w

尚、テーマソングの方は、プロフィールに追加しておきました。

続きを読む "テーマ・ソング♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

フォード元大統領追悼

2006年、12月26日、アメリカ合衆国38代大統領、ジェラルド・R・フォード元大統領が亡くなられた。

ワシントンでフォード元大統領の国葬、内外の要人参列

(朝日新聞 2007年1月3日)

昨年12月26日に93歳で死去したジェラルド・フォード元米大統領(共和党)の国葬が2日午前(日本時間3日未明)、ワシントン大聖堂で営まれた。ブッシュ大統領のほか、クリントン、ブッシュ、カーター元大統領ら内外の要人が参列。日本からは、政府特使として町村信孝前外相が出席した。フォード氏は74年にウォーターゲート事件で辞任したニクソン大統領(当時)の後継となり、ホワイトハウスへの信頼回復に努めた。同年、現職の米大統領として初めて日本を公式訪問した。

 ワシントン大聖堂では04年にもレーガン元大統領の国葬があった。フォード氏のひつぎは国葬後、地元ミシガン州のジェラルド・フォード博物館に埋葬される。

Newsweek紙にのせた、ヘンリー・A・キッシンジャー元国務長官の寄稿文を少し紹介しておく。

続きを読む "フォード元大統領追悼"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

今年の運勢?

■各所で、話題になっているモナー神社に初詣にいってきました。

【大吉】 (No.54279) モナー神社
願事 : 信じていれば諸事叶うべし
待人 : 来る 便りあり
失物 : 出づべし
旅立 : 利益あり 行きて吉
商売 : 気を付けてなせば吉
学問 : 過信せず行えば成果現る
争事 : 思うままに勝つ
転居 : よし 早くすべし
病気 : 快癒すべし
縁談 : 初めの縁は困難あり 後の方早く調う

ありがたく、大吉を頂きました。

今年は風邪で、初詣にいけなかったので、これでいいかw

いやいや、近くの神社に初詣に行こう。

今年は、仕事は適当に・・・ダメか とにかく、文献を読んで読んで読みまくりたいですね。

興味のある方は、どうぞ モナー神社

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年1月 8日 (月)

安全保障というターム

おかげ様で、風邪は、ほぼ治りました。又、明日からリハビリですw

明日、2007年1月9日をもって、防衛庁は、防衛省に昇格する。

管理人にとっては、やっとかという気持ちである。

こちらが、新しいHPである。防衛省HP

防衛省に関しては、又、エントリするとして、今回は、昨今、我々一般人まで、よく使うようになった安全保障(security)というターム(概念)を少し考えてみたい。

続きを読む "安全保障というターム"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

新年を迎えて

皆様、遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。今年が皆様にとって、素晴らしい年でありますよう切に願っております。

管理人なんですが、、、年末から風邪をひいて、寝込んでおります。。。

大分、よくなりましたが・・・。

というわけで、初詣にもいってませんし、部屋のカレンダーも去年のままというあり様です。

毎冬、風邪をひくのですが、インフルエンザでなくて幸いです。

皆様も風邪に御気をつけください。

本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

■ご連絡

恥ずかしながら、はてなのブログで、少し、IRを学術的・専門的にやろうと考えています。まあ、メモ程度ですが、あとは、専門書のレヴューなどです。ただ、管理人は、研究者ではありませんので、時間的制約もあり、おそらく、続かないと思われますw

はてなの方は、時間と体力と相談しながらです。一応、立ち上げてはみましたが・・・。

http://d.hatena.ne.jp/forrestal/ 多分、すぐ挫折ですねw

こちらのココログが本家なので、決して手は抜きません!w

続きを読む "新年を迎えて"

| | コメント (5) | トラックバック (3)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »