« NATOの新戦略 | トップページ | 国連の戦略的利用 »

2006年12月21日 (木)

情熱的挑発な孤独

忘年会に行って来ました。社会人になってはじめての忘年会です。といっても、今年の4月から、働きだしたので、当たり前ですが・・・。

管理人は、こういう宴は、苦手である。そもそも、学生時分から、合コンには、一度しか行った事がない。

お酒も普段は、まったく飲まない。飲めないわけではないが、思考力が鈍るからである。

かつて、ニーチェも思考力が鈍るとお酒は、飲まなかったそうだ。

それに加えて、京都にいたとき、祇園のクラブで、夜、バイトをしていたことがある。

学費はともかく、研究費(主に書籍代)ぐらいは、自分で、稼ぎたかったのだ。

お客様に出されたグラスは、飲まないわけにはいかない。それが仕事だからだ。

1年ほどで、やめてしまったが。。。もうあまり楽しくないお酒は、正直、飲みたくない。

管理人は、酔いつぶれたり、バカになったりすることができない。

いつも、心のどこかで、ブレーキをかけてしまう。

周りが物凄く、盛り上げっているのに、ふと、自分は、ここで、いったい何をしてるのだろうかと、時間と労力とお金の無駄ではないだろうかと自問してしまう。

そうなると、一気に、孤独に襲われる。子供のときからである。

その孤独感を隠しながら、適当な愛想で、その場からすぐに立ち去ってしまう。

本当に気の合う仲間、管理人の場合は、先生を囲んで、同じ院生と話しているときは、

あまり感じなかったことであるが。。。

今夜も今、一人、こうして、何故、楽しめないのか、反省会をしている。

しばらく休養がほしい・・・。

今日は、かなりセンチメンタルで、愚痴っぽいエントリで、本当に申し訳ない。

これから、お酒を飲む機会が増える時期だが、みなさん、飲みすぎには、注意して下さいね。

今夜は、ラフマニノフ ピアノ協奏曲1番~3番 アシュケナージ を聞きながら眠ります。

ハァー、管理人は、社会化されてない、オタクだなぁ。

Rien ne peut etre fait sans la solitude (Picasso)

(何事も孤独なしでは、なしえれない。)ピカソ

|

« NATOの新戦略 | トップページ | 国連の戦略的利用 »

「コラム・日記」カテゴリの記事

コメント

こういう心情の吐露に思わず反応してしまういけずな私を許して下さいませ。
元々好きでもない酒宴に付き合うのは、確かに苦痛でしょう。でも、気の合う仲間となら感じなかったとすると、今の職場の同僚の方々とあまり気が合っていないのかとも思われ、ちと可哀想にも感じてしまいます。
酒宴も仕事と割り切ってしまう、というのも一つの乱暴な手かもしれませんが、ちょっと発想を変えてブレーキでなくアクセルを踏んで楽しんでみようとするならば、「他愛のない酒宴でも何か得られるものがあるかもしれない、と思ってみる」というのはいかがでしょう。酔いつぶれる必要はないでしょうが、バカバカしい中にも新しい発見があるかもしれませんし、そういう発見は、孤独からは得られないものかもしれませんよ。
ああ、なんだかエラそうなこと言っちゃってスミマセン。ご寛容を。私は酒飲みなので酒を愛していますが(笑)、それは喜怒哀楽に応じて酒とうまく付き合っているからかもしれません。「酒は飲んでも飲まれるな」ですかね。。。

投稿: ・・・みたいな。 | 2006年12月21日 (木) 20時00分

・・・みたいな。様

コメントありがとうございます。

アドヴァイス大変、恐縮です。

いつも固い(?)政治ネタばかりなので、たまには、自分のことを
少しエントリしてみました。自己分析が甘いですが。。。

子供の頃から、一人で、本を読んでいるのが好きでした。
そのまま、大人になってしまった感じですw

もちろん、友人と楽しく遊んだりもしましたが。

仕事は、PCでの作業が多いので、もちろん、職場の人達と
交流しなければいけませんが、割り切っていて、互いのプライベートには、立ち入らないという感じです。

酒宴も仕事と割り切っていますが。。。

新しい自分になるために、成長するために、勇気と努力が必要ですね。

冒険してみます。

また、みたいなさんにテーマ・ソングを創ってもらえるように頑張ります!

コメントありがとうございました。

まだまだ、若輩者ですが、今後もよろしくお願いします。

投稿: forrestal | 2006年12月21日 (木) 22時09分

こんにちは。
拙者も日本的な意味での「酒宴」は苦手ですな。
そういう場所では、「下戸」を装っています。専ら「食い役」です。
できるだけ身体的エネルギーを使わないようにしています。
「医者から止められている」とでもいえば、無理強いはされません。
そして、帰ってから、グラス片手にワーグナーを聴いています。
「相手に飲ませて無防備にさせたところで、話をさせることで『情報』を出させ、あとの対応の仕方を考える」。
やはり拙者は、「非道」ですかな。だけど、これが「外交」の原型です。

投稿: 雪斎 | 2006年12月23日 (土) 11時47分

雪斎さん

コメントありがとうございます。

私も、日本的な酒宴は、どうも苦手で。。。

帰ってから、ワーグナーですか、『ローエングリーン』かな。

わかります、帰ってから、音楽を聞きながら、一人で、ワイン

を飲むと、すごく落ち着くんですよね。

なんだか、すごく解放された気分になって。

外交の原型ですね。

まさに、そういう無防備な時ほど、有益な情報が出てきますから。

コメントありがとうございました。

今後もよろしくお願いします。

投稿: forrestal | 2006年12月23日 (土) 18時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/179808/4621818

この記事へのトラックバック一覧です: 情熱的挑発な孤独:

» 6カ国協議で最終調整 進展なければ休会へ  債務整理 管理人から一言お知らせ [債務整理、任意整理、特定調停について弁護士の先生に相談する前に見るブログ]
債務整理 管理人から一言お知らせ北朝鮮の核実験の問題が世間を賑わしていますが、ふと気がつくと、自分の借金の問題が小さくなっているのに気がつきました。借金が減ったからではなく、それよりも大きな問題が世界にあるということを認識したから...... [続きを読む]

受信: 2006年12月23日 (土) 01時47分

« NATOの新戦略 | トップページ | 国連の戦略的利用 »